米コインベースが分散型ID認証技術スタートアップを買収

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米コインベースが分散型ID認証技術スタートアップを買収

米コインベースが分散型ID認証技術スタートアップを買収

15日、コインベースは、サンフランシスコを拠点とする5名の小規模スタートアップ、Distributed Systemsを買収したことを発表しました。Distributed Systemsチームは、ID情報をブロックチェーン上で管理する「分散型アイデンティティソリューション」サービスを開発しています。

コインベース・アイデンティティ(Coinbase Identity)プロジェクトマネージャーB Byrne氏のブログ記事によると、Distributed Systemsチームはデジタルアイデンティティ*ソリューションの開発に専念するコインベース内のユニットに参加します。

* Digital identity;人間や組織などの主体をコンピュータで認証するためのアイデンティティ情報です。

「ブロックチェーンは、個人が個人情報を安全に保つために、個人のデジタルアイデンティティを完全に制御できるよう支援できます。」とByrne氏はブログで書いています。例として、これが米国人の社会保障番号(SSN)に適用される可能性があるという。

バーン氏は以下のように説明しています:

「SSNを持っている人を証明するたびに、そのコピーを提示する必要があります。そのコピーは原本とまったく同じ効力を持っています。したがって、コピーを用いてデータが侵害された場合、そのアイデンティティはリスクに晒されます。分散化されたアイデンティティは前述のコピーなしで、あなたのアイデンティティ情報や、ソーシャルセキュリティとの関係を証明できます。」

Byrne氏はこのシステムは、写真、ソーシャルメディアの投稿、パスポートにも適用される可能性があると指摘しました。

Distributed Systems社CEOのNikhil氏は、今年の6月に自社のビジョンとサービスについて一連のツイートで説明しました。その中で、自社の技術がマルチシグ(多重署名)を利用したものであると述べています。

「現在の多要素認証フローと同様に、マルチシグ(署名)アイデンティティシステムは、非カストディアイデンティティサービスにとって重要であると考えています。」

「複数のキーをチェーン上のプロキシコンタクト先にリンクすることで、私達は管理を維持しながらシームレスなキー管理・復旧が可能にします。」

一方で、コインベースはデジタルアイデンティティツールの実装について、急いではないようです。バーン氏は、コインベースがこの技術をどのように、どこに適用するかについて熟考する、と書いています。

コインベースは、匿名性、プライバシー、ブロックチェーンの不変性等の面で技術探究の一環として検討する必要がある、と述べています。

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は、人々がインターネット上どこでも “認証”できるようにする新しい方法を提供します。他者との通信をより安全にし、トラストを必要としてきた分野の扉を開きます。最終的には、オンラインアイデンティティの分散化は、技術との関係を変えるでしょう。

今年5月、コインベースは、ユーザーがP2Pでトークンを取引できる分散型取引所(DEX)を形成するアプリケーションを提供する「パラドックス(Paradex)」の買収を発表していました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B