英大手デリバティブ企業、仮想通貨リップルやビットコインキャッシュなどを「差金決済取引」に追加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英大手デリバティブ企業、仮想通貨リップルやビットコインキャッシュなどを「差金決済取引」に追加
 

英大手デリバティブ企業、仮想通貨リップルやビットコインキャッシュなどを「差金決済取引」に追加

CMCマーケットに差額決済契約に新たに3つのアルトコイン取引追加
イギリス本拠地の大手デリバティブプロバイダーCMC MarketsはXRP・BCH・LTC3つの仮想通貨基軸の「差金決済取引」商品を提供すると発表した。ビットコインだけでなく、主要アルトコインのデリバティブも人気と需要が上昇し、注目されている。

差金決済取引(CFD)とは

CFD取引は、”Contract for Difference”の略で、「差金決済取引」と訳され、原資産となる国内外の株価指数や株価指数先物、債券先物、現物株、コモディティといった様々な金融商品の価格を参照して行なわれる取引を指す。
ヨーロッパでは、株式取引の30%はCFDによる取引であるとされるほど人気な取引となっている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

CMCマーケットに差金決済取引に新たに3つのアルトコイン取引追加

CMC Markets(以下CMC)とは、イギリスに本拠地を置くオンラインCFD・FXの取引を提供する、ロンドン証券取引所上場の大手デリバティブ企業である。

CMCは本日、「LTC・XRP・BCHが仮想通貨のCFD取引に追加されて、取引可能となっている」と、公式に発表した。

この3つの仮想通貨銘柄を加えて、下図のように、計5銘柄が米ドル建の取引対象となった。

BTC・ETH・BCH

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B