金融庁認定の仮想通貨規制団体『JVCEA』:コインチェックなど、みなし業者の入会受付開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

金融庁認定の仮想通貨規制団体『JVCEA』:コインチェックなど、みなし業者の入会受付開始
 

金融庁認定の仮想通貨規制団体『JVCEA』:コインチェックなど、みなし業者の入会受付開始

金融庁認定の仮想通貨規制団体、みなし業者の入会受付開始
金融庁認可済みの仮想通貨自主規制団体JVCEAは29日、第二種会員としてみなし業者の入会受付開始を発表した。業界の健全な発展と利用者保護のため、第三種会員ではブロックチェーンやウォレット関連企業なども対象となる見込み。
JVCEAとは
日本仮想通貨交換業協会の略称。金融庁による仮想通貨交換業の登録を受けた事業者、全16社が正会員となる、自主規制団体。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

金融庁認定の仮想通貨規制団体、みなし業者の入会受付開始

金融庁認定の規制団体である「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は29日、「第二種会員」の入会受付を開始したことを発表した。

JVCEAは日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会(JBA)が、コインチェックの不正流出事件以降、業界再建のために新団体を設立した経緯があり、発足当初の正会員は、金融庁の認可済み取引所(仮想通貨交換業社)16社のみで構成されていた。

しかし、金融庁認定の仮想通貨自主規制団体となったことで、「仮想通貨交換業の健全な発展および仮想通貨交換業の利用者の保護を目的」とした業界団体の確立と、規制対象を広げる必要があった。

特に有力な「みなし業者」3社

その他にも、多くの業者が金融庁に仮想通貨交換業者の認可申請を行っているとされており、JVCEAの第二種会員にも多数の申請が見込まれる。

第三種会員はウォレット関連企業も

今回は第二種会員までに限定するが、将来的にはさらに対象を広げた第三種会員も募集する予定だ。

10月24日に開催されたJVCEA記者会見で奥山会長は、「第三種会員」として想定される対象に関して、以下のように言及している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B