韓国の済州島を”仮想通貨アイランド”に!韓国財務大臣らが計画と韓国中央日報が報じる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国の済州島を”仮想通貨アイランド”に!韓国財務大臣らが計画と韓国中央日報が報じる

韓国の済州島を”仮想通貨アイランド”に!韓国財務大臣らが計画と韓国中央日報が報じる

朝鮮半島の西南にある済州島(チェジュとう、さいしゅうとう)は、ブロックチェーンと仮想通貨関連企業に友好的な目的地になろうとしています。行政当局者は、目標を達成するための審議を開始しているという。韓国最大の新聞社、中央日報が報じました。

8月8日、済州島知事のウォン・ヒリョン氏は、政府高官である政策立案者との会談を行いました。ウォン知事は、新興技術のための特別ゾーンとして済州島を指定するよう、中央政府に正式に要請したという。今回の会合では、韓国財務大臣のKim Dong-yeon(キムドンヨン)氏が出席しています。

ウォン知事は、中央政府、済州島政府、民間専門家の間でタスクフォースを形成するよう提案しました。このタスクフォースは済州島が韓国のクリプト・ハブ(拠点)になる可能性と方法を議論する事を目的としています。知事は以下のように主張しています;

「ブロックチェーンは、韓国にとって世界的なインターネットプラットフォーム開発をリードするチャンスです。ブロックチェーンはコストを削減し、安定した取引を提供し、本質的にインターネットプラットフォーム業界のエコシステムを変えるゲームチェンジャーになる可能性があります。韓国がこの新しいグローバル業界の消費者ではなくリーダーになるために、ブロックチェーンと仮想通貨関連企業のオペレーションを促進する必要があります。」

ウォン氏はさらに、ブロックチェーンの新興企業が済州島でICO(イニシャル・コイン・オファリング)を自由に開催できると述べました。「この提案は、クリプトに優しい国々でICOを行って資金調達活動を行う、韓国のブロックチェーン新興企業を引き付けるだろう。」韓国のブロックチェーンプロジェクトであるアイコン(Icon)を含む、主要な分散型テクノロジー企業は島のアイデアを支持し、協力の意向を示しています。

韓国は現時点では、トレードの人気とは対照的に政府は仮想通貨ビジネスにあまり友好的ではありませんでした。韓国政府は2017年にICOに「許可のない資金調達活動」と指摘して違法とみなしました。

政府の姿勢は、ウォン知事や済州島政府の重大な障害となる可能性があるます。しかし現在のところ、島政府はクリプトビジネスを促進する提案について却下されていません。

7月5日、マルタのジョセフ・マスカット首相は記者会見で、マルタ議会で3つの法案を通過したことを発表しました。これら承認された法案は、ブロックチェーン技術と仮想通貨の使用を促進する内容の物で、これらのプロジェクトは法的ステータスが与えられます。マルタ政府はブロックチェーンアイランドとなることを宣言しました。

アンティグア・バーブーダも同じ目標を達成するために努力している島の一つです。ガストン・ブラウン大统领は仮想通貨界で著名な富豪カルバンアイル氏と共に、分散型技術に友好的なアイランドの形成を目指しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B