Atomic Walletでリップル(XRP)のクロスチェーンスワップがまもなく可能に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Atomic Walletでリップル(XRP)のクロスチェーンスワップがまもなく可能に

Atomic Walletでリップル(XRP)のクロスチェーンスワップがまもなく可能に

分散型オーダーブックを備えたマルチアセット対応のライトウォレット「アトミックウォレット(Atomic Wallet)」は、アトミックスワップ(他の資産間のクロスチェーンスワップ)機能にリップル(XRP)のサポートを追加する予定であると発表しました。ユーザーは取引所を介さずにビットコインやクオンタム(QTUM)等とXRPを手軽に交換できるようになります。

アトミックウォレットは中央管理された取引所を迂回できるように内部チェーンシステムを構築しています。現在、ビットコイン、ライトコイン(LTC)とクオンタム(QTUM)のスワップ(交換)をサポートしています。

サポートされていない仮想通貨と(アトミック)スワップする場合、アトミックウォレットは統合している外部サービス「シェイプシフト(ShapeShift)」と「チェンジリー(Changelly)」を利用して補います。

「アトミックウォレットにXRPを歓迎します!クリアでセキュアなインターフェースで資産を管理します。まもなくXRPクロスチェーンアトミックスワップ(DEX)で利用可能になります。」

アトミックウォレットは軽量な、デスクトップとモバイルウォレット(アンドロイド・iOS
)を提供しています。オーガー(REP)やステラ(XLM)など主要な仮想通貨の他に、300種類以上のERC-20トークンをサポートしています。

公式ページによると、アトミックウォレットはコールドタイプウォレットです。すべてのパスワードとデータはユーザーの端末に保存され、サーバーに保管されません。したがって、集中管理サービスに潜在する保護のリスクや資金の損失の可能性がかなり低いという。しかし、アトミックウォレットにもリスクはあり、バックアップフレーズ(所定の単語の組み合わせ)を紛失した場合や、誤送信などのミスによると述べています。

アトミックウォレットでは、資金はブロックチェーンに保存されるという。ユーザーの情報はブロックチェーンから収集され恒久的に更新されます。ウォレット内では、さまざまな資産に関するデータを管理して保存することもできます。ユーザーはいつでも自分の残高を管理して資金を別のウォレットに移したり、さまざまな資産間のスワップ(交換)をすることができます。

アトミックウォレットは、今年5月にサービスのβ版をリリースしました。その後、エアドロップ・ICOを経て多くの投資家にネイティブトークン(AWC)を分配しています。先月、アトミックウォレットはイーサリアム・クラシック(ETC)のサポートを追加していました。

今後も継続的にコインの追加が見込まれています。以下は、実際のアトミックスワップ機能の利用動画です。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B