Pundi XチームがコロンビアでPOS端末1000台分配へ、仮想通貨市場の拡大を目指す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Pundi XチームがコロンビアでPOS端末1000台分配へ、仮想通貨市場の拡大を目指す

Pundi XチームがコロンビアでPOS端末1000台分配へ、仮想通貨市場の拡大を目指す

仮想通貨決済が可能なPOS(販売時点情報管理)システム「XPOS」を提供する仮想通貨Pundi X(NPXS)のプロジェクトチームは、このシステムをコロンビアに導入することを発表しました。コロンビアの1000店舗に、仮想通貨支払いに対応するPOS端末が導入されます。

Pundi XPOS端末は、小売店での仮想通貨と法定通貨間の決済取引をより簡単にします。

取引は、法定通貨(ドル、ルピー、バーツなど)と一緒に仮想通貨を選択することによって行えます。BTC、ETH、XEM、XLM、QTUM、PXSおよびその他多くの仮想通貨が取引に使用可能です。小売業者や消費者は、市場に応じて銀行カード、携帯ウォレット、Pundi X PASSを使用して簡単に取引することもできます。

XPOSはブロックチェーンに直接接続されているため、すべてのトランザクション(取引)が記録されます。

18日のPundi Xのブログによると、コロンビアでのPOS端末1000台の分配はManticora Capital(マンティコラ・キャピタル)の協力により実施されます。

設立1年ですがManticora Capitalはコロンビアの筆頭クリプト投資ハウスだという。南米諸国のリテール業界と深い関わりを有しています。同社はおよそ6ヶ月かけて、POS端末デバイスをコロンビアの専門店、一般小売店、ホスピタリティ企業に徐々に展開する予定だという。

Pundi XのCEOのZac Cheah氏は今後の展開について、以前に以下のように語っていました。

「近年コロンビアの仮想通貨の需要は増加しています。しかし、消費者にとってアクセス可能な選択肢の欠如のために、それが過小評価される可能性もありそうです。クリプトの普及をさらに拡大する解決策の一つとなるため、Pundi Xにとってコロンビアは刺激的な開拓地となります。」

伝統的な金融業に関して、コロンビアは依然として弱いままです。富の不公平な分配に大きく寄与しかねない。BBCと国際労働機関(ILO)によると、平均月収は1480ドルで世界平均の半分以下です。

Manticora Capitalのイワン・コレアCEOは、この違いについて簡単な説明をしています。

「地元の銀行と投資の難しい状況が根底にあるため、コロンビアは仮想通貨が普及する可能性において、非常にダイナミックな市場になっています。」

Pundi Xの調査によると、法定通貨から仮想通貨への迅速かつ簡単な交換を行う機会がないため、コロンビアの仮想通貨市場の拡大に一次的なブレーキをかけているという。そのため、Pundi XのPOS端末はコロンビアの仮想通貨への資金流入を増やすのに有力な選択肢となると主張しています。Pundi X南米事務所のマネージャーJoao Victor Mendes氏は、以下のように述べています;

「Manticora Capitalの確立されたビジネスネットワークは、XPOSをコロンビアで成功させるでしょう。当社は仮想通貨がコロンビアでよりアクセスしやすくなるのを楽しみにしています。」

22日、仮想通貨ダッシュ(DASH)のライアン・テイラーCEOはベネズエラで多くのウォレットがダウンロードされていると語りました。コロンビアの隣国ベネズエラは、ダッシュにとって世界第二位の市場であるという。DiscoverDashの直近1週間の新規業者登録数が、過去2か月の総数の約2倍(94社)を記録したと明かしていました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B