みずほ銀行、マウントゴックス(Mt.Gox)の被害者に提訴される

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

みずほ銀行、マウントゴックス(Mt.Gox)の被害者に提訴される

みずほ銀行、マウントゴックス(Mt.Gox)の被害者に提訴される

報道によると、日本のメガバンクのみずほ銀行は、仮想通貨取引所マウントゴックスの破綻後、顧客が資金の引き出そうとした際に、問題を拡大させたとして非難されています。同行は、マウントゴックス関連資金の引き出し処理を停止したにもかかわらず、取引所の破綻直前まで預金を受け入れ続けていました。

日本のメガバンクであるみずほ銀行(TYO:8411; NYSE:MFG)とマウントゴックスの顧客にはコネクションがありました。一部の顧客は、既に停止している取引プラットフォームを通じて密接な関係があったと主張しています。取引所が閉鎖され、顧客の口座からの引き出しができなくなる直前に、マウントゴックスの最高経営責任者(CEO)のマルク・カルプレス氏は銀行口座を開いたままにすることを決めたと言われています。カリフォルニアのジョセフ・ラック氏によると、マウントゴックスと深く結びついていたみずほ銀行は、経営危機の発覚後も送金の受け入れを継続していたと言います。

2014年1月、ラック氏はみずほ銀行に開設されていたマウントゴックスの口座に40,000ドルを送金し、同行はその資金を受け入れました。1ヶ月後、マウントゴックスは突然閉鎖し、二度と再開することはありませんでした。ラック氏は、両当事者がマウントゴックスの抱える問題の情報を顧客に開示するべきだったと考え、カルプレス氏とみずほ銀行を提訴することに決めました。同氏によると、みずほ銀行は預金の引き出しを処理しないという「詐欺」を犯しながら、顧客の送金を平然と受け入れ、顧客には取引手数料を請求していたのです。

みずほ銀行はこの疑惑を否定し、米国での提訴を棄却しようとしました。しかし、カリフォルニア州裁判所はラック氏の主張を支持し、棄却申立を拒否しました。みずほ銀行の弁護士は、顧客の預金の受け入れを続けた理由をこう説明しています。

「電信送金の受け入れは受動的な行為です。特に、その性質上、電信送金は人とのコミュニケーションではなく、ある銀行のマシンから別の場所のマシンへの電子的な情報伝達に過ぎません。ラック氏がみずほ銀行と直接接触したわけではないのです」

ラック氏は、みずほ銀行は沈黙し、預金を受け入れるべきではなかったと述べています。原告はまた、同行に損害賠償を求めています。みずほ銀行に口座を開設したマウントゴックスの顧客の国籍は175カ国に及びましたが、そのうち3万人が米国民でした。ジョゼフ・ラック対みずほ銀行と呼ばれるこの裁判は、棄却申立が却下されたためにカリフォルニアで続けられます。みずほ銀行は、違法行為はなく、問題は「偶発的」なものであり、意図的なものではないと主張しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B