スターバックスのスポークスマンが発言「ビットコインでスターバックスのフラペチーノは買えないだろう」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スターバックスのスポークスマンが発言「ビットコインでスターバックスのフラペチーノは買えないだろう」

スターバックスのスポークスマンが発言「ビットコインでスターバックスのフラペチーノは買えないだろう」

複数のニュースメディアとは対照的に、マイクロソフトとインターコンチネンタル・エクスチェンジとの新しいパートナーシップによる新会社バックト(Bakkt)は、スターバックスの店舗でビットコインでコーヒーを購入できる事を意味しないという。Motherboardが報じました。

金曜日に、世界で最も重要な証券取引所ニューヨーク証券取引所(NYSE)の所有者であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、新会社バックト(Bakkt)を発表しました。構想はビットコインを401(k)、クレジットカード、および小売店に織り込むことです。このプロジェクトは、マイクロソフトとスターバックス等によってバックアップされています。

スターバックスはコーヒー小売業者として最もよく知られており、CNBCは「新しいスターバックスのマイクロソフトとの提携により、顧客はビットコインでフラぺチーノを支払うことができる。」という見出しを付けて報じました。

しかし、スターバックスのスポークスマンによると、これは正確ではないという。Motherboardは以下のように伝えています;

「スターバックスはビットコインを望んでいないが“人々がそれらを費やすのを助ける”ことを望んでいる。バックトは人々が仮想通貨を米ドルに変換してスターバックスの場所で支払うことを可能にする取引プラットフォームです。パートナーシップにおけるスターバックスの旗艦小売業者としての役割は、この目的のためにアプリケーションを開発することです。」

スターバックスのスポークスマンはMotherboardにメールで以下のように伝えたという;

「スターバックスでデジタル資産を受け入れようとしていません。そのことを明確にする必要があります。むしろ取引所はビットコインのようなデジタル資産をスターバックスで使用できる米ドルに変換するものです。現時点では、ビットコインの取引とコンバージョンの開設を発表しています。しかし、スペースの進化に伴い、引き続き顧客と規制当局と話し合う予定です。」

「顧客は、ビットコインでフラペチーノを支払うことはできないだろう。ソーリー。」と同スポークスマンは書いています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B