トロンのジャスティン・サン氏がイタリアとスペインの2万店舗以上でTRX決済対応を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トロンのジャスティン・サン氏がイタリアとスペインの2万店舗以上でTRX決済対応を発表

トロンのジャスティン・サン氏がイタリアとスペインの2万店舗以上でTRX決済対応を発表

トロン財団の創設者兼CEOジャスティン・サン氏は8月3日、イタリアとスペインの2万店舗以上でTRXトークンを使用できるようになると発表しました。

支払マシンはバウチャーモデルで動作します。顧客は店舗からトークンを受け入れる伝票上で支払い、店舗は後で仮想通貨を償還できます。

ジャスティン・サン氏は以下のように述べています;

「トロンのサポートに感謝します。今、スペインやイタリア、またはBitnovoの2万店舗以上でTRXを購入できます。」

トロン財団は、仮想通貨プラットフォームBitnovoがこれらの国でのTRXトークンの取引を管理していると述べています。Bitnovoでは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの他の仮想通貨も取引できます。

スペインとイタリアでTRXを受け入れる小売チェーンには、カルフール、FNAC、ゲームなどがあります。さらに、Bitnovaは最高のセキュリティを有し、特別な仮想通貨のセキュリティチームを任命したと主張しています。

トロンは、ここ数週間に発生した複数の開発の進展を誇っています。トロン仮想マシン(TVM)の開設は同社の大きな前進です。トロン仮想マシンはイーサリアム仮想マシンと互換性があり、開発者はイーサリアムプラットフォームからTronプラットフォームに移行できます。

さらに、ジャスティン・サン氏はプロジェクト・アトラスを公開しました。このプロジェクトでは、1億人のビットトレントユーザーがTronエコシステムの一部として利用できるようになります。これは、ビットコインの作成者サトシナカモトもそのEメールでビットトレントについて言及していたことから、Tronのコミュニティで最大の成果の1つと考えられています。サトシ氏は、プルーフオブワークトークンの通貨的価値を持たせるために、トークンをビットトレントのような巨大なネットワークに統合することに言及していました。

トロンはまた、Google Playストアでトロンウォレットを公開したこと事を発表しました。ウォレットはトロン財団によって、ソフトウェア会社のGetty / IOと共同で開発されました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B