ドバイの国際裁判所が世界で最初の“ブロックチェーン裁判所”タスクフォースを結成

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ドバイの国際裁判所が世界で最初の“ブロックチェーン裁判所”タスクフォースを結成

ドバイの国際裁判所が世界で最初の“ブロックチェーン裁判所”タスクフォースを結成

月曜日、ドバイを拠点とする国際裁判所は法律に関する業務を合理化するための「ブロックチェーン裁判所」構想を発表しました。政府のスマートドバイイニシアチブと国際裁判所は共同でタスクフォースを結成します。

金融業界における民事訴訟および商業紛争に対処するドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所は、政府が支援する「スマートドバイイニシアチブ」と協力して、ブロックチェーンベースの法的プラットフォームの開発に特化したタスクフォースを結成すると発表しました。

DIFCは「目標は、異なる裁判所が分散型な方法で情報を共有できるように、ブロックチェーンとスマートコントラクトに基づくネットワークを採用することです。」と述べました。このシステムによって、文書の発行などマニュアルタスクの必要性が取り除かれ、現在のシステムに高レベルな効率性がもたらされるという。

導入ステップとして、スマートドバイイニシアチブとDIFC裁判所の両パートナーは裁判所の判例データをブロックチェーンに格納するためのR&Dに焦点を当て、国境を越えた法執行機関にとってリアルタイムで情報を確認・共有できるようにすると述べました。

プレスリリースによると、「今後のリサーチでは、専門家とリソースを組み合わせてプライベート・パブリックブロックチェーンに関する課題の解消に当たります。スマートコントラクトに組み込まれる規制や契約上の条項も含みます。」と述べています。

この取り組みは、政府業務にスマートな革新をもたらすためのドバイの広範な推進計画「ドバイブロックチェーン戦略」の一環として行われています。

リリースの中でスマートドバイ事務局長のAisha Bint Butti Bin Bishr博士は、「『ドバイブロックチェーン戦略』は2020年までに、適用可能な政府取引の100%をブロックチェーンで実行しようとしている」と述べました。

「(ブロックチェーン裁判所の)実現には、既成概念を壊すルールセットとそれを支える権限のある機関が必要です。我々の提携により、世界初の既存の価値基準を壊す裁判所の創設が実現可能になります。ブロックチェーン技術の力を解放します。」

「ドバイブロックチェーン戦略」の一環として、様々な政府機関が既に個々のブロックチェーンプロジェクトを発表しています。

5月に経済開発省はブロックチェーン技術を使って商業ビジネスレジストリプラットフォームを開発する計画を発表しました。3月、ドバイの交通管理局はブロックチェーンベースの車両管理システムを構築する計画を発表しました。2月にドバイの自由経済区域DMCCは、仮想通貨取引企業に対して個人所得税と法人所得税がゼロになる最初のライセンスを発行しました。

昨年、ドバイの移民局とビザ部は、アラブ首長国連邦(UAE)内の国際空港で、マニュアルタスクによるチェックを潜在的に排除できるブロックチェーンベースのパスポートに取り組んでいると発表しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B