米コインベースが法令順守部門トップにウォール街大手銀行のエグゼクティブである「ジェフ・ホロヴィッツ」氏を任命

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米コインベースが法令順守部門トップにウォール街大手銀行のエグゼクティブである「ジェフ・ホロヴィッツ」氏を任命

米コインベースが法令順守部門トップにウォール街大手銀行のエグゼクティブである「ジェフ・ホロヴィッツ」氏を任命

米国の仮想通貨取引所コインベースは、ジェフ・ホロヴィッツ氏をチーフ・コンプライアンス・オフィサーに任命した事をブログで発表しました。ホロヴィッツ氏はバンク・オブ・ニューヨーク・メロン傘下のパーシング銀行で、コンプライアンスのグローバル責任者を務めてきた人物です。

「コインベース・カストディや最近発表されたライセンスブローカーディーラーの買収など新たなサービスを追加する中で、彼の経験、ビジョン、判断力は非常に貴重になります。」アシフ・ヒルジ社長兼COOは、ブログ記事で述べました。

ホロヴィッツ氏は金融業界の熟練したエグゼクティブです。パーシング以前は、シティグループ、ゴールドマンサックス、ソロモンブラザーズでコンプライアンスとマネーロンダリング対策プログラムを率いていました。同氏はまた、米連邦預金保険公社(FDIC)の銀行監督官を務め、米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)の銀行秘密法諮問グループ(BSAAG)のメンバーを2度務めました。

また、ホロヴィッツ氏は規制枠組みを形成する多くの委員会に積極的に参加しています―米証券業金融市場協会(SIFMA)のコンプライアンス・規制政策委員会、米金融業規制機構(FINRA)のコンプライアンス・諮問委員会など。

同氏の就任によって、コインベース社の最高法務責任者であるマイク・レムプレス氏は政府とのリレーション構築に専念できるようになります。

ホロヴィッツ氏のコンプライアンス分野での豊富な経験は、コインベース社が単なる仮想通貨取引所以上のものとして確立するにつれて、規制上のハードルを克服するのに役立つと期待されています。

最近発売されたプロダクト「コインベース・カストディ」は、米国および欧州の金融機関にとって仮想通貨の保管を可能にします。同社は年末までにこのサービスをアジアに展開する予定です。

コインベースは6月に、証券会社キーストーン・キャピタルやヴェノベート・マーケットプレイス社、デジタルウェルス社の買収により、ブローカーディーラー業(BD)、代替取引システム(ATS)、投資顧問業(RIA)の3つのライセンスを獲得した事が報じられました。

これらのライセンスにより、コインベースは米国証券取引委員会(SEC)およびFINRAの監督下でブロックチェーンベースの証券を提供できる可能性が指摘されています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B