タイ、仮想通貨に関する2法案可決

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

タイ、仮想通貨に関する2法案可決

タイ、仮想通貨に関する2法案可決

タイの規制当局は、仮想通貨とICOに関する2つの法律を制定することに合意しました。これらの法律は、仮想通貨ビジネス、仮想通貨の売買、そして仮想通貨への課税について定めています。

タイのApisak Tantivorawong財務相は、今月末までに政府が仮想通貨およびICOに関する規制を発表する準備を進めているそうです。

首相会談後、Somkid Jatusripitak副首相は、2つの法案が起草されていると説明しました。

法案の1つは、デジタル資産事業に関するものです。これには、代理店、ディーラー、ブローカーなどの仮想通貨事業者の登録とKYCのコンプライアンス、詳細なニュースアウトレットが必要です。罰則と指導について定めています。

2つ目は、仮想通貨とICO関連の税金に関する国の歳入法の改正です。

仲介業者などの仮想通貨およびICO事業は、マネーロンダリングの防止のため、自身と仮想通貨投資ファンドのソースを特定する必要があります。これらの企業は、取引情報と買い手と売り手の名前をマネーロンダリング防止(AML)事務所に提出する義務があります。タイ証券取引委員会(SEC)も規制を担当しています。

さらに、タイの歳入部に、仮想通貨とICOに対する7%のVATと15%の源泉徴収税を徴収するとのことです。仮想通貨での損失と年間収入を相殺することもできるようです。

タイ銀行(BOT)は、仮想通貨とICOに対するスタンスを変えないと発表しました。2月に、中央銀行は金融機関に仮想通貨関連の活動を禁止しました。これは、規制が効力を発揮した後も有効であるとのことです。

BOTの禁止に続いて、バンコク銀行は続いて、地元の仮想通貨取引所の口座を停止しました。

もう1つの大手銀行、クルンタイ銀行は、すぐにこれに従い、地元の仮想通貨取引所との取引を停止しました。Piyong Sriwanich総裁は、銀行は仮想通貨に対応せず、今後も取り扱わないと発表しました。

―誰かが銀行に預金口座を開設し、デジタル通貨に投資すると、銀行は即座に口座の取引を停止します― Piyong Sriwanich総裁

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B