ニューヨーク市、世界で初めて新規ビットコインマイニングを禁じる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ニューヨーク市、世界で初めて新規ビットコインマイニングを禁じる

ニューヨーク市、世界で初めて新規ビットコインマイニングを禁じる

3月15日の夜、ニューヨーク市議会は、新しい仮想通貨マイニング事業に関して18ヶ月間、一時禁止することを承認しました。これは、電力消費について知るためのようです。

ほとんどの仮想通貨は、サーバーが複雑な方程式に解を推測する「マイニング」というプロセスが必要です。マイニングには多くの電力が必要で、成功した人は大きなマイニングリグネットワークを使用する傾向にあります。エネルギーコストを削減するために、マイナーは電気代の安い都市に集まりました。

最近の市議会で、この問題が取り上げられ、18ヶ月の間、新たなマイニングは認めないとの決定が下されました。すでに稼働している場合は対象外です。

プラッツバーグのColin Read市長は、水力発電ダムが近いことにより、世界で最も電気代が安いと説明しました。電気代の田国芸金はキロワット時あたり10セントちょっとです。一方、プラッツバーグでは4.5セントです。しかし、市は産業用にはキロワット時あたり2セントにすることを決めました。これが、マイニング業者が集まった理由です。

プラッツバーグは毎月104メガワット時の電力を得ていますが、これを超えると、高額な公開市場での購入が必要となります。1月は電気の使用力が多すぎたため、100ドルから200ドルも請求額が上がる人もいました。これは冬季に起こることが知られていましたが、公共事業委員会(PSC)は、2社の仮想通貨企業のせいで、市民の平均請求額が10ドル増加したと結論付けました。最大のマイニング業者Coinmintは、1月と2月には市の電力の約10%を消費しました。

現地の議員はすでに存在しているマイニング問題に取り組み、恒久的な解決策が出てくるまでの間、一時的な禁止をして時間を稼ぐ予定であるということです。公共事業委員会は、3月15日に、州政府の電力当局に対し、マイニングに関税を課す権限を与えました。Read市長は、これにより過剰分をカバーする必要があると語りました。

しかし、それはビットコインの経済的価値について大きな疑問を投げかけています。産業投資を促進するために町が電気料金を下げ、余分な電力がすべてマイニングに使われるとどのようなメリットがあるでしょうか。
Coinmintはプエルトリコに拠点を置いており、マイニングは多くの雇用を創出するわけではありません。住人の1人は、プラッツバーグがマイニングを避けようとすると、ブロックチェーンブームを逃すだろう、と語りました。
しかし、ブロックチェーンは実際には何も生み出していません。一部の人々は課税可能なドルに交換することができ、いくつかの新しい技術的ポジションが創出されていますが、伝統的な業界の経済的利益とはまったく違います。事業全体が収益の減少をもたらしています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B