【GMO】Z.com Cloud ブロックチェーン!宅配システムを昇華できるか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【GMO】Z.com Cloud ブロックチェーン!宅配システムを昇華できるか?

【GMO】Z.com Cloud ブロックチェーン!宅配システムを昇華できるか?

GMOインターネットは、今年に入りブロックチェーンの技術を活用した新しいビジネスを構築できるプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」の提供を始めています。このシステムはブロックチェーンが持つ「改ざん」「データ消失」「停止」が非常に発生しにくいと言う特徴とイーサリアムを利用することにより分散型のアプリケーションを構築出来るPaaS型ブロックチェーンプラットフォームです。

PaaSはクラウドサービスの1つです。クラウドと言う大きな分類の中にはクラウドコンピュータという分野があり、自分のやりたい事をインターネット上のコンピュータを使って達成する事をクラウドコンピュータと言います。クラウドコンピュータは3種に分類し「IaaS」「PaaS」「SaaS」と分類でき、PaaSは中間的な位置に属します。
PaaSはPlatform as a Serviceという英語の表記からも分かるようにプラットフォーム型のサービスで、IaaS(Infrastructure as a Service)ではOSやハードウェアサービス。SaaS(Software as a Service)はこれまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用することを指します。

2017年12月にGMOは宅配のシステムを改善する為、ブロックチェーン技術を利用し
た実証実験を行っています。

この実験を行う背景として、Amazonや楽天市場などに代表されるECサイトにおける通販の需要が拡大していることがあげられます。
ニュースなどで報道もありましたが、当人不在による再配達が問題視されています。

この現状を改善する働きとして、GMOが提供するブロックチェーン技術を活用し本人に確実に荷物を届ける実証実験が行なわれました。

今回の実験で一番の軸となっているのはGMOが提供する「Z.com Cloud ブロックチェーン」です。
ユーザーが遠隔でスマートフォンを通じ宅配ボックスを解除し、荷物を配達するというシステムです。

この受け渡しで重要なのが取引された履歴、証拠、受領等の記録です。
この記録が改ざんされてしまえば不正も行えますしシステム自体が崩壊してしまいます。

そこでこの記録をZ.comCloudのブロックチェーン上に開閉履歴や施錠の情報を記載し、指定した本人しか開ける事が出来ないシステムを構築することにより、対面取引と同等の品質サービスが可能だと述べています。

このシステムは「本人認証サービス」と比類されるものですので、宅配サービスに限らず様々な場所で活用されるかもしれません。また、イーサリアムのスマートコントラクトにより、着払い等の荷物を受け取ったタイミングで自動課金を行うサービスも視野に入れているそうです。近い将来、より身近にスマートコントラクトを体感できるかもしれません。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B