仮想通貨イーサリアム開発者の試行錯誤と新たなる希望

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサリアム開発者の試行錯誤と新たなる希望
 

仮想通貨イーサリアム開発者の試行錯誤と新たなる希望

イーサリアムPlasmaの実装と新たな動き
イーサリアムの拡張構想『Plasma』などスケーリング手法が発案され、実証実験が行われているが、取り組むべき新しい研究課題が浮き彫りになもなっている。本記事では、現在イーサリアム開発者の目が向いている新たな価値を生み出す動きに注目する。
Plasma(プラズマ)とは
Plasmaは2017年4月に、BitcoinのLightning Networkホワイトペーパーの共同執筆者であるButerin氏とJoseph Poon氏によって最初に考案されたもの。このホワイトペーパーでは、スケーリング(データの処理速度を上げることなどを通じ、ネットワークに対して高まる需要に対応できるようにすること)は、スマートコントラクトの実際の計算をメインのEthereumブロックチェーンではない、別のチャネルで実施することで可能になる、と説いている。

イーサリアム開発者の試行錯誤と新たなる希望

Plasma(プラズマ)の論文が世に出て以来、様々なスケーリング手法が発案され、実証実験されてきた

その度に取り組むべき新しい研究課題が明らかになり、安全性と快適さ(スピード)における、トレードオフ関係のような”どちらかを犠牲にしないといけない状況”に開発者は頭を悩ませてきた。

また、同様にOmiseGOでPlasma研究をしているKelvin Fichterは、Davidと異なる視点でPlasmaに問題提起をしている。

zk-snarkを取り入れようとするイーサリアムプロジェクト:Gnosis

彼らは、snapp(スナップ)と呼ばれる分散型取引所の基盤技術として、zk-snarkの採用を前向きに検討している。

その理由として、GnosisのCTOであるStefan George
は、Plasmaを採用するよりも分散化が楽に実装できるだけではなく、開発から実装にかかる時間も圧縮できることを挙げている。

zk-snarkを導入することで、PlasmaによるEthereumのスケーリングを促すと同時に、匿名性を確保できるようになるのだ。

彼らが3〜4ヶ月後にProof of Conceptを終える予定のDEX(Fusion
)は、ゼロ知識証明の特性を有するような設計にしているという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B