株式反落にビットコインが同調、韓国は年末前にアルト出来高が大幅急増|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

株式反落にビットコインが同調、韓国は年末前にアルト出来高が大幅急増|仮想通貨市況
 

株式反落にビットコインが同調、韓国は年末前にアルト出来高が大幅急増|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコイン相場と株式市場の価格相関性が高まっている。貿易問題に関する中国の強硬姿勢を保つ見方も強まり反落した株式に同調する形でBTC価格も反落した。BCHの動きや韓国出来高急増の背景にも迫り、アルトコイン相場の注目点も探った。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は11月9日、ビットコインが断続的な下落を記録、右肩上がりに引かれたトレンドラインを割ったのち、主要サポートライン(緑)まで下落、中間選挙の結果を受けリスクオンムードが見え始めた6日時点の価格まで値を戻している。

この様な動きを踏まえ、直近のビットコイン価格推移を追っていく上で、注目したいのは日米株式市場であり、下のチャートを見る限り、ビットコインの他の金融マーケットへの相関性はかなり高まっている様に感じる。

特に急落した10月終わりや、米中間選挙の結果を受け一時いけいけドンドンのリスクオフムードになった相場の動きには大きな相関性が見られている。

中間選挙の結果トランプ大統領が通過したものの、貿易問題に対する強硬姿勢を貫く見方が強まり下落した中国株の影響が波及し、大幅上昇した相場は反落、本日のビットコイン相場に陰りが見え始めた時点も株式市場との相関が見られている。

アルトコインはBCHやXRPが主導

ドミナンスの推移で見ていくと、ビットコインのドミナンスを押し下げる形で主要アルトの健闘は見られているが、時価総額20位以下の通貨の価格推移は依然消極的であり、年末にかけての上昇ムードにまでは至らなかった。

相場を先導したビットコインキャッシュのハードフォーク(コミュニティ分裂)の動きは、より各コミュニティの牽制が行われる形で激化しており、フォーク後のハッシュ戦争を不安視する声もで始めている。

BitcoinSVもかなり高い比率のハッシュレートを持つという見解もあり、状況を見極める動きに移っている可能性は高いだろう。

韓国取引所Bithumb:取引高ダントツ1位に

取引手数料払い戻しキャンペーン

2019年まで仮想通貨での利益課税無し

本日韓国で人気の通貨は?

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B