【ライトコイン】アリアント社の小売店用決済端末で導入

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【ライトコイン】アリアント社の小売店用決済端末で導入

【ライトコイン】アリアント社の小売店用決済端末で導入

電子商決済とクレジットカード決済システムのプロバイダーで、米国に拠点を置くアリアント社は小売店向けのシステムにライトコイン決済機能を追加すると発表しました。同社は2017年から既にビットコインとイーサリアム決済を導入していて、店舗用端末「Poynt」は既に多くの小売店で稼働しています。こうしたユーザビリティの拡張によって、買い物の場面で仮想通貨を使用する機会は現実的に増加するかもしれません。

アリアント社CEOのエリック・ブラウン氏は、ライトコインの採用によって仮想通貨の日常決済手段として利便性の向上が見込めると話しました。ブラウン氏はライトコインがポピュラーでコミュニティの信頼を得ていると強調する。

「我々の顧客はより安全で確実、低コストに送金できる革新的な技術に関心を示しています。仮想通貨はそれを可能にし、消費者により多くの決済手段を提供できる。我々はライトコインに日常的な買い物等の少額決済での利用増加を期待しています。人々が普段利用するレストランやバー、ガソリンスタンド、カフェなどで手軽に使いやすいと考えます。」

アリアント社は将来的な仮想通貨を使用した支払いについて独自のビジョンを持っています。一般的にビットコインは高い手数料のために決済手段として否定されていますが、ブラウン氏はビットコインは高額決済には有用だと見ています(ライトニングネットワークが実装できれば)。そしてコーヒーやガソリンなど日々の少額の買い物に、ライトコインは最適な手段だと考えています。

ブラウン氏は米国を拠点とするNetCents Technology社との提携が同社のプラットフォームと仮想通貨との統合を促進したと話しています。

「小売店舗が我々のプラットフォームに求めているニーズをNetCentsチームに説明しました。数ある仮想通貨の中から、確立的、有名で安定した3種類を選び、既存の決済システムに導入しています。我々は顧客にオンライン決済での仮想通貨の可能性を紹介できることを嬉しく思います。」

アリアント社が開発する小売店用決済端末「Poynt」は、ユーザーが実際の店舗で仮想通貨で買い物ができるツールだ。ビットコインATMの数が拡大している昨今、こうした小売店での決済システムの普及によって、仮想通貨が現実的に利用されていくでしょう

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B