【中国】外国プラットフォームを含む仮想通貨取引を禁止か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

【中国】外国プラットフォームを含む仮想通貨取引を禁止か

【中国】外国プラットフォームを含む仮想通貨取引を禁止か

中国は、外国のウェブサイトを含むすべてのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)と仮想通貨に関するすべてのウェブサイトを閉鎖し、仮想通貨取引を撲滅する試みをしています。中国人民銀行(PBOC)と提携している中国のファイナンシャル・ニュースは、日曜日の夜に同国における仮想通貨取引を根絶する政府の計画について概説した記事を掲載しました。

中国政府は、すでにICOを禁止し、国内の交換所を閉鎖することによって暗号通貨取引を追い出そうとしていました。しおかし、これらの措置は、トレーダーがインターネットを通じて外国の取引サイトにアクセスするのを止める力はありませんでした。最近の動きでは、中国の高性能ファイアウォールを使ってこれらのサイトへのアクセスを禁止する予定です。

―ICOと仮想通貨取引は、公式に禁じられた後、中国から完全に撤退しませんでした。国内の交換所が閉鎖された後、多くの人々は海外のプラットフォームを利用するようになりました。財務上のリスク回避のため、中国は仮想通貨取引やICOに関するオンショアまたはオフショアのプラットフォーム削除を強化する予定です― ファイナンシャル・ニュース

この規制強化は、仮想通貨やビットコインにとってタイミング悪く行われました。大きく価値を下げました。将来、さらに規制が強化されるのではという懸念から、市場全体の価値が大幅に落ち込みました。ビットコインは現在、12月に2万ドル近くもあったのが、8,000ドル以下になっています。

報じられた規制が実行されれば、中国のトレーダーが取引しにくくなるため、仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす可能性があります。このニュースは、仮想通貨の大量売却をふたたび引き起こすかもしれません。

―韓国の規制改正と、Facebookによる広告禁止、米商品先物取引委員会が市場操作について捜査中という報告などの影響を受け、10.5%減の8,000ドルまで下落しました― 金融アナリスト Connor Campbell氏

韓国、インドは市場でより厳しい規制を敷こうとしていますが、現在では、欧州も独自の規制の可能性について議論し始めています。フランスのBruno Le Maire首相は、中央銀行の元総裁に市場の新しい規制の草案を作成するように命じた、と伝えられています。ビットコインやその他の仮想通貨に関する「投機的リスクや金融操作の可能性」を懸念しているそうです。しかし、市場の規制を試みる国が多くあるにも関わらず、仮想通貨の本質はローカライズが非常に困難なものです。

ドイツ連邦銀行の理事会メンバーJoachim Wuermeling氏は、国家的アプローチが効果的な規制の方法ではないと考えているそうです。ドイツは今年はじめの議会で、

―国家の規制力は明らかに限定されているため、仮想通貨の効果的な帰省は可能な限り最大限の国際協力を通じて達成することができる― Joachim Wuermeling氏

Wuermeling氏の言っていることは正しいかもしれませんが、市場を手中にし大きな影響を与える規制措置を開始する国々を止めることはできそうにないようです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B