イギリス政府「早ければ2019年初頭に仮想通貨の課税措置のガイダンスを発行」と報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イギリス政府「早ければ2019年初頭に仮想通貨の課税措置のガイダンスを発行」と報告

イギリス政府「早ければ2019年初頭に仮想通貨の課税措置のガイダンスを発行」と報告

英国当局は、新しいレポートで、暗号通貨と分散型台帳技術(DLT)に関する一連の規制に向けたステップを概説しました。今年3月に設立が発表された英国政府の「Cryptoasset Taskforce」(暗号資産タスクフォース)は、レポート「Report Final Web」を発行しました。

タスクフォースを構成する3組織、大蔵省、金融行為監督機構(FCA)、イングランド銀行は、暗号通貨を構成する技術を利用して、金融サービスやその他の業界に恩恵をもたらすことができると述べ、「英国において、正当なDLTおよび暗号通貨アセットに関連した活動の、責任ある発展を促す。」と主張しています。

レポートは以下のように述べています:

「タスクフォースの最優先課題は現行世代の暗号資産に伴うリスクを軽減する事です。一方で当局は、DLTの他のアプリケーションが金融サービスやその他の分野で大きな利益をもたらす可能性があると考えています。DLTのさらなる採用への規制上の障壁は無いと考えています。」

「しかし、この技術は、広範囲に利用され、様々な機会が実現するまでには、さらなる開発が必要である。」

今後数ヶ月間の具体的な行動の中に、暗号通貨の納税指針の更新が含まれています。レポートによると、納税はタスクフォースのレポートの範囲外であるが、「大蔵省は歳英国歳入税関庁(HMRC)と緊密に協力して、暗号資産に関する税務問題を検討していく。」と述べています。HMRCによると、2019年初頭までに指針を更新して、タスクフォースとの取り組みを描くと述べています。

英国はまた、国内で行われるICO(イニシャル・コイン・オファリング)について正式なルール設計を検討しています;

「英国市場にこういった暗号資産の例があるかどうか、もしあれば、規制周辺の拡張が必要なのか、政府は業界との模索を深めるため、2019年初頭に協議を行う。」

レポートは、政府が「暗号資産が消費者と市場の完全性にもたらすリスクを緩和するために行動し、暗号通貨の違法行為での使用を抑制して、金融安定性に対する脅威を監視する」と主張しています。

レポートは、犯罪行為での暗号通貨の利用は「低いままである」と述べる一方、マネーロンダリングなどでの使用のリスクは高まっていると指摘しています。そしてより大きな懸念とされるのが、市場操作から発生し得る、潜在的な損失による消費者と市場の完全性に対するリスクです。

結論として、このレポートは、セキュリティトークン、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)、および取引所に上場されたトークンや暗号通貨を参照する金融商品に関する規制フレームワークの明確化を求めています。

タスクフォースは、「開発を検討し、英国のアプローチを見直すために6ヵ月に1回、会合を続ける」と述べています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B