ビットコインが再び8,000ドルを下回り暴落中

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインが再び8,000ドルを下回り暴落中

ビットコインが再び8,000ドルを下回り暴落中

・ビットコイン価格が月曜日に4日間で3回目の8,000ドル割れを
・24時間で、仮想通貨市場全体から600奥ドルの価値が失われた
・中国とインドの厳しい規制の見通しは、テザーが市場を上回る可能性があることを示し、Lloydsのような銀行はクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止している

ビットコインは、月曜日に8,000ドルを下回りました。これは、4日間で3回目のことです。仮想通貨市場の全体の価値としては、600億ドル以上失われました。

CoinDeskによると、ビットコインの価格は、月曜日に7,178.65ドルと低く、午前中の取引の大部分で8,000ドルを下回っていたそうです。これは、11月16日以来の最低価格です。CoinDeskのビットコイン価格指数は、仮想通貨取引所Bitstamp、Coinbase、itBit、Bitfinexの価格から算出しています。

金曜日には、11月24日以来、初めてビットコイン価格が8,000ドルを下回りました。その後、週末は9,000ドルを上回りましたが、日曜日にはまた8,000ドルを下回りました。

この傾向はビットコインだけではありませんでした。イーサリアム、リップルを含む他の主要な仮想通貨の価格も、過去24時間で急降下しました。CoinMarketCap.comのデータによると、仮想通貨市場全体の時価総額または価格は、アメリカ東部時間の月曜日午前11時23分時頃に約3,500億ドル付近まで下がりました。24時k何では、約677億ドル減少しました。

仮想通貨について、不安材料となるニュースがたくさんあります。規制が厳しくなることは、価格を左右する重要な要因だったようです。

月曜日、中国人民銀行と密接な関係のあるファイナンシャルニュースは、中央銀行が仮想通貨取引やいわゆるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の発行に関するすべてのプラットフォームを禁止すると報じました。これまでは国内の仮想通貨取引を取り締まっていましたが、これからは外国のプラットフォームへも取り締まりを拡大していくようです。

―今後、関連するもの(プラットフォーム)は発見次第、閉鎖されるでしょう。また同時に、状況の変化に伴い、さらなる規制措置が講じられるでしょう― ファイナンシャルニュース

インドのArun Jaitley財務相は、先週、インドは仮想通貨を「排除」したいと考えていると発言しましたが、インドは仮想通貨投資家がそんなに多い国ではなく、まだ明確な行動に移してはいないようです。

主要な銀行は、仮想通貨購入のためのサービスを制限し始めました。月曜日、イギリスの大手金融機関ロイズバンキンググループは、クレジットカードによる仮想通貨の購入をできなくする、と発表しました。これは、先週に同様の方針を発表したアメリカの銀行JPモルガン・チェース 、バンク・オブ・アメリカ、シティグループに続くものです。

特にテザーと呼ばれる仮想通貨の問題をはじめ、その他の懸念も仮想通貨市場にはあるようです。何人かの専門家は、米ドルに紐づけられているテザーは、ビットコイン価格を支えるために生み出される可能性がある、と示唆しました。

それでも、依然強気な声もあります。

ビットコインの正式な価格目標を発表した唯一のウォールストリートストラテジストであるFundstratのTom Lee氏は、1月にはビットコイン価格が「非常に低く」なるため「2018年最大の買い時」だと話しています。

また先週、ビットコインの目標価格を25,000ドルに維持した、との報告書も発表しました。

2017年の最初、仮想通貨の回復を予想したSaxo Bankのアナリスト、Kay Van-Peterse氏は、今年、ビットコインが50,000ドルから100,000ドルまで上がる可能性があるとCNBCに語りました。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B