ビットコイン暴落!どこまで下がるの?2月6日に一時6,000ドルを下回る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン暴落!どこまで下がるの?2月6日に一時6,000ドルを下回る

ビットコイン暴落!どこまで下がるの?2月6日に一時6,000ドルを下回る

ビットコインの価格は、世界で最も価値のある仮想通貨の不確かな未来に対する銀行家と規制当局が議論を繰り広げる中、2月6日に6,000ドルを下回りました。

米国証券取引委員会(SEC)の委員長は、2月6日の午後に上院銀行委員会で仮想通貨について証言しました。

ヨーロッパでは、有名な銀行家が月曜日に「ビットコインは従来の銀行システムに対する国民の信頼を脅かすバブル、ポンジ・スキーム、環境災害である」と述べました。

―当局が先回りして行動しなければ、仮想通貨は主要財政システムと相互につながり、財政の安定性に対する脅威となる可能性がある―
国際決済銀行新総裁  Agustin Carstens氏

12月中旬にビットコインが最高額20,000ドルを下回ったことから、停止の兆候は見られませんでした。より広範な仮想通貨市場もビットコインと同じく下落し、その額は1ヶ月以内に5,000億ドル以上でした。

値下がりは2017年の最高額のあとに市場の是正策として多くの人々に見られていますが、世界中の規制強化もビットコイン価格に影響を与えています。

SEC議長Jay Clayton氏は、議会にビットコインとブロックチェーンに関する進歩を阻止するつもりはないが、投資家が詐欺に遭わないようにしようとしている、との見解を示しました。

―これは、資本市場のイノベーション育成をなくすためのものではありません。アメリカは、独創性や新たな問題を革新的なアプローチで解決を図る起業家精神のある国です―
Jay Clayton氏

しかし、Clayton氏は金融商品のように見える詐欺、いわゆる「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」について警告をしていました。

また、米国商品先物取引委員会(CFTC)会長J. Christopher Giancarlo氏は、新生産業の規制のため「害のない」アプローチを主張しました。

―インターネット開発の適切なアプローチは間違いなく正しい方法でした。同様に、「害のない」アプローチは、仮想通貨技術への適切で包括的であると信じています―

マーケットリーダーのCoinbaseのようにな仮想通貨取引は現在、送金サービスとして規制されており、SECとCFTCの両方の範囲外にあること示しています。

Clayton氏の仮想通貨に関する見通しは明るいにもかかわらず、氏の

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B