ブロックチェーンがファイヤーウォールの代わりに!? 2018年はブロックチェーンのサイバーセキュリティ競争が激化する

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーンがファイヤーウォールの代わりに!? 2018年はブロックチェーンのサイバーセキュリティ競争が激化する

ブロックチェーンがファイヤーウォールの代わりに!? 2018年はブロックチェーンのサイバーセキュリティ競争が激化する

・仮想通貨関連のランサムウェア(注1)の脅威が増加する
・ブロックチェーンは有害ではなく、サイバーセキュリティにとって有益である

(注1)マルウェアの一種。感染したコンピュータは利用者のシステムへのアクセスを制限する。

サイバーセキュリティの専門家によると、PCのセキュリティソフトが稼働していても、マルウェアやランサムウェアは虎視眈々と私達のPCを狙っている模様です。今年はそのような悪意のあるソフトウェアが更に広がるので、自身のPCに十分な注意を払わなければならなくなるでしょう。

また、2018年は「マイニングを導入した企業」を標的にした攻撃が増える一方で、仮想通貨に関するランサムウェアの脅威は企業だけでなく、個人にも同じように被害を与える件数が増加するだろうと、サイバーセキュリティ企業のカスペルスキー・ラボは予測しています。さらに仮想通貨の取引市場やウォレットに対する攻撃も拡大する可能性が高いとみられています。

しかし開発が早ければ、サイバーセキュリティによってブロックチェーンは安全性が高まると言えるでしょう。オンラインID認証の強化からマルウェア対策まで、カスペルスキー以外のアナリスト達は、ブロックチェーンがサイバーセキュリティの問題を悪化させるのではなく、むしろ解決することを期待しています。

米国市場調査会社Forresterは、Predictions 2018のレポートにおいて、「2018年はブロックチェーン関連のセキュリティソリューションを提供するスタートアップ企業が大量に設立される最初の年になる」と述べています。さらに「ブロックチェーンは今後、セキュリティ提供業者が求める機能性を搭載するだろう」と、Forresterは予測しています。しかし、同社は有望なブロックチェーンプロジェクトの“深刻な欠陥”が期待を大きく裏切る可能性も言及しています。

そのレポートは、ブロックチェーンが基礎的なサイバーセキュリティ技術となる4つの主な領域を概説しています

・証明書の発行と認証
・身元確認(IDV)
・2段階の評価テストによるマルウェアとランサムウェアからの保護
・文書の信憑性と一貫性の検証

カスペルスキー・ラボのマルウェア専門家であるAlexey Malanov氏は、Cryptonews.comに、ブロックチェーンのサイバーセキュリティに対応できる可能性のあるアプリケーションはごく限られていると述べているのです。「現在、ブロックチェーンの主な用途は仮想通貨取引とデータの保護であり、それは分散化された性質により書き込まれるデータは予告なく変更されないためにある」と言っています。

それでも、Malanov氏は、「遅かれ早かれブロックチェーンのセキュリティツールは出来上がり、ブロックチェーンの可能性は技術が解放され、セキュリティツール開発の実証段階に入って行くでしょう」と予測しています。

ブロックチェーンはファイアウォールではないですが、共有されているトランザクションのデジタル台帳として使用されていることから、本質的にファイアウォールの性質を持っており、そのように使われても良いはずです。Forresterによると、ブロックチェーンは不正行為に対して組織的にファイアウォールとしての役割を果たせるといいます。このことにより、リスクを犯す危険性のある人々を除外し、報告することができるとのことです。

・定期的にデータをバックアップする
・ソフトウェアを随時更新する
・金融取引を保護するための専用機能を提供する堅牢なセキュリティパッケージを使用する

・スタッフの セキュリティマナー 研修の強化
(ネットワークのセグメント化、データへの書き込みアクセスの制限など)
・感染していないシステムを使用し、もし資金流出の被害にあった場合には、資金を取り戻すための解読ツールにランサムサイトがないかチェックする

ヨハネスブルグに拠点を置くコンサルタント会社のDimension Dataは、Top IT Trends in 2018のレポートにおいて、ブロックチェーンによって組織は「ゼロ・トラスト」セキュリティ・ポリシーを採用できると予測しています。このポリシーによって、ユーザーはアクセス権を取得するよりも前に、ネットワークから明示的な許可を得る必要があり、ネットワークにより身元が識別されるため、可視化した記録が提供されるようになります。

Dimension Dataのサイバーセキュリティグループの役員Matthew Gyde氏は自身のブログでこう述べています。「例えば、機密の知的財産権を奪取された組織は、改ざんの全くされていない台帳を裁判所に持ち込んで、不正な人物がデータを抽出したりコピーしたことを証明することができます」

一方で、冒頭の記事で述べたようにカスペルスキーは、狙いを定めた攻撃はより大きく広がるだろうとも述べています。

出典:
https://cryptonews.com/news/stay-safe-blockchain-cybersecurity-arms-race-to-intensify-in-1105.htm

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B