仮想通貨のハードフォークとは?ビットコイン(BTC)はなぜ分裂したの?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨のハードフォークとは?ビットコイン(BTC)はなぜ分裂したの?

仮想通貨のハードフォークとは?ビットコイン(BTC)はなぜ分裂したの?

仮想通貨について調べていると、一度は耳にする「ハードフォーク」という言葉。ハードフォークによりビットコインが分裂したなんてニュースも耳にしますよね。でも、そもそもビットコインってなぜ分裂したのでしょう?ハードフォークってどういう意味なのでしょうか?今回はハードフォークの意味と、ビットコインの分裂がなぜ起きたのかをご説明します。

ビットコインが分裂したのはまだ記憶に新しい2017年8月のこと。全世界が見守る中、とくに大きな混乱もなく新仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しました。この分裂は中国の新興マイニングプール「ViaBTC」の主導で行われたものです。

マイニングプールとは仮想通貨の発掘を意味するマイニングを組織的に行う集団のことです。マイニングには莫大な電気を使用するため、電気料金が安い中国で盛んにおこなわれています。

ビットコインは以前からマイニングプールから取引スピードの高速化いくつかの使用改善を求められていました。しかしそれを実現するのはなかなか難しいのが現実でした。

最終的に、それらを改善した新しい仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」を生み出すことで結論づいたのです。この分裂が起きた時点でビットコインをもっていた人は、同じ量のビットコインキャッシュが付与されました。

何もせずビットコインキャッシュを手に入れることができたので、かなり得したといえるでしょう。新しい仮想通貨の誕生を不安視している人もいますが、実際は多くの人が新しい通貨の誕生にワクワクしている状況と予想できます。

このビットコインの分裂について調べるとよく耳にするハードフォークという言葉。ハードフォーク=分裂なんていうイメージをもっている人もいるかもしれませんが、それは違います。ハードフォークとは、技術改善・仕様変更のために行うもの。しかも、ハードフォークの対としてソフトフォークというものも存在します。順をおってご説明しますね!

そもそもビットコインをはじめとした仮想通貨はブロックチェーンという技術で管理されています。簡単にいうとブロックチェーンとは、それぞれの取引を公開して、みんなで管理していくというシステムです。

銀行や国のようにどこかひとつの取り締まる組織を決めるのではなく、インターネット上に公開することで皆で管理していくというものなのです。そのため、仮想通貨取引の概要部分には「認証済み」という表記があります。

これはビットコインの取引を成立させるため、整合性のあるものか認証されたという証です。この認証作業は先ほどお話したマイニング(マイニングプール)によって行われます。

認証されている取引はブロックとよばれるプログラムに刻まれていきます。仮想通貨の世界はそのブロックがチェーンのように連なっているようなイメージなのです。

ブロックチェーン技術でつくりあげられた仮想通貨の世界。この世界で技術改善・仕様変更で行われる場合、ハードフォークもしくはソフトフォークという方法をとるかたちになります。

ハードフォークとは
ハードフォークでの変更は、連なっているブロックの一部分から先をすべて変更するときに行います。ビットコインとビットコインキャッシュのように、基礎的な(昔の)部分は一緒だけど、ある部分から使用が変わっているという状況をつくりだすことができるのです。イメージとしてはどこかの部分から枝分かれして、2個できるかたちです。

ソフトフォークとは
それに対しソフトフォークとは全てのブロックを変更するというものです。
そっくりそのまま生まれ変わるので、まったく別の仮想通貨が誕生することになります。

ハードフォークが起きた場合、なにか問題が発生するのでしょうか?
まず考えられているのは、2つできた仮想通貨のどちらかが強くなりすぎてしまったときに弱い方が吸収されてしまう可能性です。最悪の状態でいえば、どちらかの仮想通貨が消滅してしまうのではと心配されているのです。また、ユーザーがログインするときにデータの盗聴がされるのではないか、バグが生じるのではないかとも心配されています。

もしハードフォークが実施されると決定した場合は、対応する取引所に保有している仮想通貨を保管しておくのがおすすめです。

ビットコインキャッシュのときのように分裂した分の通貨も付与しますと公表している取引所に預けておけば、自動的に新しい仮想通貨を手に入れることができるかもしれません。

ほとんどの場合「問題がなければ付与する」としていることが多いので、 不都合さえ起きなければ得することができるでしょう。

今、多くの投資家が注目している仮想通貨。今後もさらなる技術改革や仕様変更が行われる可能性があります。冷静に対処し、その時々で最適な対応をしていきましょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B