仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレードは2019年1月に仮予定か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレードは2019年1月に仮予定か
 

仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレードは2019年1月に仮予定か

イーサリアム次期アップデートは1月半ばを仮予定か
延期されていたイーサリアムの次期アップデート「コンスタンティノープル」の実装時期として、1月16日が開発者らによって提示された。ただし、その予定は開発状況次第ではさらなる延期の可能性も考えられる。
ディフィカルティボムとは
ディフィカルティボムとは、マイニングの難度(ディフィカルティ)を特定のブロックで上げる、コンセンサスアルゴリズムの一つである。そのようにマイニングの難度を上げることによってインフレを防ぐことが可能とされている。

アップデートの新しい日程とは

米大手仮想通貨メディアCoindeskの報道
によると、開発者らは、来たるイーサリアムネットワークのハードフォークであるコンスタンティノープルのローンチを1月16日に予定していると、定期会合で発言した。

もともと11月を予定されていたそのアップグレードは、パフォーマンス向上のためのプラットフォームのコードの合理化を目指す多くの設計変更をもたらすものである。

また、1月16日の日付は、拘束力のない口頭での合意であり、確定されたものではない。

そのことについては、コア開発者のPeter Szilagyi氏(以下、Szilagyi氏)は以下のように述べた。

今は、1月の半ばとしか言えない。常に延期の可能性はあると言っていいだろう。

ディフィカルティボムへの言及

ディフィカルティボムとは、ブロックのマイニング難易度を上げていくイーサリアムのコードに埋め込まれたアルゴリズムである。

目的は、PoWからPoSへ移転させること。

Retting氏によれば、ディフィカルティボムは1月から顕著になり、来年の4月、もしくは5月には、ブロックの生成時間は30秒に到達するという。「時間はある。そこに懸念点はない。」とRettig氏は述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B