仮想通貨(トークン)を用いた次世代の資金調達ICOとは?その大きな可能性を簡単に説明します

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(トークン)を用いた次世代の資金調達ICOとは?その大きな可能性を簡単に説明します

仮想通貨(トークン)を用いた次世代の資金調達ICOとは?その大きな可能性を簡単に説明します

ICOとは、企業が新規事業を起こす際、もしくは誰かが新しく会社を興す際などに、 仮想通貨を活用して行われる『資金調達』の方法です。
その他にも『通貨としての普及を目的とした、新たな仮想通貨』を発行する際のプレセール目的等でも 活用されますが、現時点では前者の目的が大半です。

ICOの仕組みとしては、企業がプロジェクト内容を記したホワイトペーパーを、独自のホームぺージなどで公開します。
投資家はホワイトペーパーを読んで、プロジェクト(もしくは投機として)の可能性を見出した場合に、その企業が独自で発行した仮想通貨を購入するのです。
新規株式公開(IPO)をイメージすると分かりやすいでしょう。
株式は、株券を発行して資金を調達するのですが、ICOはその株券の代わりに”独自の仮想通貨”を発行します。
尚、主にこのトークンは『イーサリアム』をシステムベースとして発行されている事が多いです。

まずはメリットからご説明させて頂きます。
株式の場合は、基本的に株券を一般公開するのに『証券会社』の厳しい審査を通らなければいけません。
また、審査を通ったとしても、投資を募れるのは国内のみに限定されがちです。
ICOの場合は、仮想通貨で資金を集められるので、他国からも投資をする事ができる、しかも インターネット上のみでの手続きが可能なのです。
その為、非常に高額の資金を短期間で集められる可能性を秘めています。
既にICOの中には、何百億の単位での資金調達に成功した企業がいくつもあります。
また、仮想通貨を発行する際に、証券会社のような業者を挟む必要がないので、多くの手続きや必要経費を省く事ができるのも魅力でしょう。
そして、集めた資金を返済する必要もありません。

続いて、デメリットのご説明です。
株式の場合は”証券会社”が高い審査基準を設けているので、一般公開(上場)している株には信頼感が伴っています。
しかし、ICOの場合はそのような審査機関がないので、企業によっては信用性を疑われてしまう可能性があります。
そのような企業は、ホワイトペーパーや広報などで、多くの工夫をしなければなりません。
また、企業が調達した資金を活用しても、プロジェクトが成功に至らない可能性も多分にあります。
その場合は、投資家や世間から大きく信頼を失うかもしれません。

◆メリット
・高額の資金調達を、短期間で行える可能性を秘めている
・他国からの資金調達を可能にする
・業者を間に挟む必要がなく、投資家から直接資金を集められる
・基本的には資金の返済の必要が生じない

◆デメリット
・企業によっては、信頼感を得るために戦略が必要
・プロジェクトが失敗した場合に、投資家や世間から多くの信頼を失う 『ICOのメリット・デメリット(投資家)』 投資家のメリットは、成功した場合に秘めている”キャピタルゲイン”の金額でしょう。
また前述していますが、その可能性を秘めている企業を、世界中から、しかもインターネットのみで探せるのも利点です。
そして中には、その通貨に特典オプションがついている場合もあります。
少額での投資も可能ですし、どこかの仲介所を経由する必要もありませんので、労力を省けま
す。
デメリットは、ICOを行っている企業の”信用性”を、自身で見定める必要がある事です。
現に、ICOでは詐欺の案件も非常に多く、詐欺の案件に投資した場合は一切の金額が返済されません。
また、プロジェクトが失敗した場合も同様です。

◆投資家のメリット
・世界中のICOに参加できる
・インターネット上のみで参加できる
・プロジェクトが成功した場合の、キャピタルゲインが大きく見込める
・小額からの投資も可能
・ICOによっては、通貨に特典が備わっている場合もある

◆投資家のデメリット
・投資した事業先が、プロジェクトを失敗する可能性がある
・投資した事業先が、詐欺を目的としている可能性がある
・購入した通貨に価値が生じるかどうかは保証されていない いかがでしたか。

ICOの登場により、企業は多くの資金を、以前よりも手軽に集めやすくなったと捉えられるでしょう。
資金力の弱い企業でも、そのプロジェクトが有望であれば、巨額の投資を募れるのです。
今後ICOからは、数々の魅力的なサービスが生まれるかもしれません。
そして私たちはその魅力的なサービスの協力者となる事ができるのです。
今後の経済発展の為にも、ICOはきっと一役買ってくれる事でしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B