次世代のICOとして期待が高まる『DAICO』!仮想通貨での資金調達法の更なる発展を促す仕組み?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

次世代のICOとして期待が高まる『DAICO』!仮想通貨での資金調達法の更なる発展を促す仕組み?

次世代のICOとして期待が高まる『DAICO』!仮想通貨での資金調達法の更なる発展を促す仕組み?

2017年は仮想通貨市場が飛躍し、それに併せてICOブームにも火が点きました。
ICOとは、仮想通貨を活用して行う『資金調達』です。
投資家は、企業のプロジェクトに魅力を感じましたら、その企業が発行する仮想通貨を、
イーサリアムなどの通貨をとおして購入します。
企業はそのように調達した資金を、プロジェクトに活用するのです。
プロジェクトが成功(注目)すれば、投資家が所有しているコインの価値も上昇します。

ICOを行う企業は、IPO(新規株式公開)のような、証券上場時の”難解な審査”を受ける必要がありません。
最低限の知識さえあれば、どの企業でもICOが行えるのです。
そして、資金をインターネット上のみで募集ができる、尚且つ仮想通貨での投資を受け付けられるので、非常にボーダーレス(世界中)な資金調達が可能です。
それはつまり”短時間で巨額の資金調達をする”可能性が生まれたのです。
実際にFilecoinやTEZOSは、200億以上もの資金調達を非常に短い期間で達成しています。

しかし、IPOのような”証券上場の際の審査”などが無い代わりに、ICOは信用面の保証がされていません。
事実、いくつもの詐欺目的のICOもあり、そのICOに巨額の資金が投資されてしまう事もありました。
もちろん、詐欺目的のICOに投資された資金は、一切投資家の元に戻らないでしょう。
また、詐欺目的では無くとも、調達した資金がどのように使われているのかが不透明で、投資家の気を揉ませるケースも多数です。

そこで、そんなリスクの解決策として『DAICO』に注目が集まっています。

DAICOとはDAO+ICOを意味した俗語でして、イーサリアムの開発者である
Vitalik Butelinさんにより提唱されています。

DAOとは”自立分散型の組織”を意味します。
管理者がいなくても、運営が成り立っている組織です。

それでは、DAICOが具体的にどのように機能していて、どのようなメリットが
あるのかをご説明いたします。

DAICOでは、企業側として様々な資金調達方法を設定する事が出来ます。
例としては『上限金額の設定』『ダッチオークション形式』『KYC』などです。
ダッチオークションとは、普通のオークションの形式の”逆”です。
最高値から始まり、徐々に価格を下げていき、買い手を見出します。
KYCは顧客確認の事でして、投資家の身分を確認するのです。
資金調達の期間が終了しましたら、トークンの送付が行われ、トレードが可能となります。

さて、これだけですと『投資家側』に大きなメリットが感じられないかと思います。
しかし『DAICO』の面白い所はここからです。

『DAICO』はシステムにtapという状態変数が設定されます。
この設定値によって、調達した資金(実際にはイーサリアム建て)から、企業が”引き出せる金額”が毎月定められるのです。
そしてこのtapは、トークンホルダー(投資家)によって上限を引き上げたり、更には企業が資金を引き出すのを”中止”させる事もできます。

もう少しtapの仕組みを紐解いてみると、tapはトークンホルダー(投資家)の投票によって決定が決められます。
尚、投資家によってtapの上限を引き上げる事は出来るものの、tapを引き下げる事は出来かねます。
つまり基本的には『現状維持』『引き上げ』『プロダクト中止』の三択となるのです(企業側の権利としてtapを引き下げる事はできる)。
プロジェクトを中止した場合は、未使用の資金は投資家に返還される予定です。

つまり、企業が闇雲に資金を浪費する事を防ぐ、資金の活用法や必要性を透明化させる、企業側のモチベーションを持続させるなどの効果が期待されます。

しかし、DAICOにも問題点があります。
それは、tap値の引き上げが投資家の投票によって決まるという事は、
“上限引き上げ”や”プロジェクト中止”の判断が合理性を欠く事です。
これを防ぐ為には、企業側はプロジェクトの進捗と可能性を、随時適切に伝える必要があります。
また、極端例ではありますが、その51%のユーザーが企業側によって”操作”されている可能性もあります。
大口投資家が企業側の身内だった場合などのケースです。

DAICOのリリース時期は、まだ明確には発表されていません。
しかし、年内には実現される事が予測されています。
DAICOがリリースされれば、ICOの心配点が払拭されるので、資金調達市場の発展に大きく役立つかもしれません。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B