決して他人事ではない仮想通貨ハッキング! セキュリティーに優れた分散型取引所『DEX』とは?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

決して他人事ではない仮想通貨ハッキング! セキュリティーに優れた分散型取引所『DEX』とは?

決して他人事ではない仮想通貨ハッキング! セキュリティーに優れた分散型取引所『DEX』とは?

Mt.GOX、BitFloor、Poloniex、Youbit、Bitfinex。
これらは取引所の名前ですが、2つの共通点が存在しています。
その共通点とは『中央集権型の取引所』であり『ハッキングされた事を公表している』という2点です。
ハッキングされた要因として、これらの取引所のセキュリティが脆かったのかと言うと、一概にそうではありません。
最先端のセキュリティシステムを導入している取引所もありましたが、それでもハッキングは行われ、 中には破綻まで追い込まれた取引所もあります。
もちろん、破綻した場合は、その取引所を活用していた顧客のコインの補償はありません。

今や仮想通貨全体の時価総額は100兆円を間近として、毎日巨額の金額を動かしている取引所はハッカー達の的となり、 私たちの水面下では熾烈な攻防戦が繰り広げられているのです。 最近では北朝鮮からのハッキングが活発になっているという報道もあり、実際にハッキングは既に行われているが、 非公開に取引所で処理を行っているケースもある模様です。

今後も、中央集権型の取引所では、ハッキングに対して苦戦が強いられる事でしょう。

国内ではcoincheck、bitflyer、Zaifなど、通貨交換業の国内ライセンスを得ているほとんどが該当します。
世界的にも主要取引所の大半が、現時点では中央集権型です。
中央集権型では、秘密鍵(送金の際に必要な暗号)の管理を取引所が行っているので、その取引所に『セキュリティーを全て任せている』 状況なのです。
つまり、取引所の内部の人間が利用者の資金に不正を働いたり、秘密鍵を持っているシステムへのハッキングリスクが付きまといます。
もちろん中央集権所でも日進月歩でセキュリティーが発達し、次々とハッキングへの対策が練られています。
しかし、その発達はハッカー側も同じで、やはり人の手で管理をしている以上は、リスクが付きまとってしまうのです。

DEXとは(Decentralized EXchange)の略で、「分散型取引所」を意味します。
「分散型取引所」を簡単に説明すると、中央管理者が存在していないので、秘密鍵を自ら管理する事ができます。
つまり、中央集権型でのリスクを解消することができるのです。
また中央管理者が不在で、なぜ取引所が機能するのかと言うと、それはブロックチェーンによって機能するのです。
ブロックチェーン上でデータを保有するので、システムダウンやハッキングの恐れが限りなく低くなります。
しかしながら現状の分散型取引所は、まだ活用している人数が少ないため、出来高や取引量が少ない状況です。
また、売り買いの注文をする度に手数料が発生してしまう事や、多くの中央集権取引所のようにビットコインや法定通貨を基軸通貨として取引を行えない事が多々あります。
ただし、これらのデメリットも『開発による改善』を行っている段階ですので、今後解消される可能性もあります。

・中央集権型
ハッキングリスク:高
身分の確認:必要
手数料:少
全体額:多
基軸通貨:法定通貨、BTCなど

・分散型
ハッキングリスク:低
身分の確認:無
手数料:有
全体額:少
基軸通貨:DEXによる

※国内外の仮想通貨交換業のライセンスを持っていない通貨交換業者の紹介は禁止となっていますので、DEXの具体名は控えさせて頂きます。

【Ethereum】 イーサリアムのプラットフォームを採用したDEXが生まれています。

【Waves】Wavesは特に分散型取引所のプラットフォームとしての有効化を目指しているので、 この分野では注目すべきでしょう。

【BTS(BitShares)】 BTSをプラットフォームとしたDEXも生まれています。

分散型取引所は、仮想通貨界で非常に注目を集めています。
徐々に利用者も増えていますし、最近ではZaifでハッキングの報告もありましたので、実際に一般的になる日も遠くはないでしょう。
今後のポイントとしては、現在デメリットとなっている『手数料』や『基軸通貨』の問題ですが、 これらを解消する為のICO(kyber network)なども順調に進んでいます。
分散型取引所の台頭のタイミングとしては、中央集権型の取引所にアクシデントが多発した際、もしくは 分散型取引所の優位性が増えた際などでしょう。
また仮想通貨の取引所だけでなく、いずれは証券取引所などでも活用されるのでは無いかとの噂もあります。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B