米SeriesOneがセキュリティトークン取引所設立へ向け韓国のBithumbと提携―Yonhap報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SeriesOneがセキュリティトークン取引所設立へ向け韓国のBithumbと提携―Yonhap報道

米SeriesOneがセキュリティトークン取引所設立へ向け韓国のBithumbと提携―Yonhap報道

米国でセキュリティトークンの取引所を設立する目的で、米国のフィンテック企業SeriesOneは韓国の暗号通貨取引所Bithumb(ビッサム)と契約した様です。業界関係者の情報をもとに現地メディアYonhapが報じました。

SeriesOne(シリーズワン)社との契約により、Bithumbはセキュリティトークン取引所の設立に投資し、技術サポートを提供することになります。

セキュリティトークンは、企業、不動産、またはその他の実資産をブロックチェーン技術でトークン化したものです。トークン保有者に、配当を支払い、利益を分配し、利息を支払うなどの利益をもたらすコンセプトです。

ソースによると、SeriesOneは来年上半期に米国でセキュリティトークン取引所のローンチへ向けて動いており、Bithumbが関連技術を提供してこれを支援する予定です。

Bithumbの関係者は以下のように述べています;

「SeriesOneは、Bithumbを取引所にとって最適なパートナーとして評価して、積極的にBithumbとの契約を打診してきた。Bithumbはブロックチェーンベースの資産のトークン化が、世界的に広がると予想しており、グローバル金融会社に進化するための取り組みを強化していく。」

2013年に設立されたSeriesOneは、米証券取引委員会(SEC)からクラウドファンディング事業者として今年5月4日に認可されたフィンテック企業です。同社はクラウドファンディング、ブロックチェーン、セキュリティトークンオファリング(STO)などの事業に携わっています。

SeriesOneはまた、アジア市場への進出を目指しています。韓国に子会社を設立し、セキュリティトークンの発行を計画しています。同社は来年の下半期にはNASDAQ市場への上場を予定しています。

10月上旬、Bithumbは、シンガポールに本拠を置くBK Global Consortium(グローバルコンソーシアム)に総株式の38%以上を4000億ウォン(3億5000万ドル:約380億円)で売却したと報じられていました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B