2月8日にフォーブス誌が仮想通貨長者番付を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2月8日にフォーブス誌が仮想通貨長者番付を発表

2月8日にフォーブス誌が仮想通貨長者番付を発表

フォーブス誌の長者番付の作成者は、仮想通貨業界で最も豊かなのは誰かの調査を行いました(サンフランシスコ)。しかし、仮想通貨価格の大幅下落直後の2月7日に発表されたこの番付は、皮肉にも、富は永遠ではないことを思い出させるものとなりました。

フォーブス誌のデータはここ数週間で集められ、約10人の仮想通貨長者を特定しましたが、そのほとんどが2月7日に発表されるまでは億万長者ではありませんでした。6日に安定する前は、5日だけで仮想通貨の価格は20%以上急落しました。

番付のトップには、リップルの創業者であるクリス・ラーセン(Chris Larsen)氏の名前があります。クリス・ラーセン氏の資産は、先月リップルの価格がピークに達し、純資産がほぼ600億ドルに達したことで、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏よりも多いと見られていました。

以来、リップルのデジタルトークンXRPの価格は80%以上下落しました。フォーブス誌は、クリス・ラーセン氏の資産を約80億ドルとしましたが、7日までには60億ドル以下となりました。

クリス・ラーセン氏は、イーサリアム仮想通貨ネットワークの初期投資家Joseph Lubin氏、仮想通貨取引所バイナンス創業者Changpeng Zhao氏、FacebookについてZuckerberg氏と法廷で争ったTyler Winklevoss氏およびCameron Winklevoss氏兄弟、XRPを大量保有している銀行後継者Matthew Mellon氏に続いてランク入りしています。

この番付は、仮想通貨が金融システムを民営化し、富をより均等に配布することができるものだとの初期の見込みとは裏腹に、少数の初期投資家たちが散駅を独占していることを思い出させます。

番付に載っているほとんどすべての人が、仮想通貨を見つけ出したり、何年も関わったりしています。ビットコイン保有者間の不平等を調整する最近の努力は、最近、最も成層化した国においても仮想通貨に投資したたくさんの人々にダメージを与えることがわかりました。

フォーブス誌の番付に載っている早期投資家たちにとって、最近の価格低下は壊滅的なものではありません。ビットコインの価格は、Winklevoss兄弟が2012年に購入を開始した時から70,000%上昇し、1年前と比べてもまだ600%上がっています。

秘密主義で猜疑的な仮想通貨において、最も豊かな人が誰であるかを特定することは容易ではありません。いくつかは、憶測です。フォーブス誌が仮想通貨の世界で2番目に裕福な人物であるとしているLubin氏は、この難しさを説明しました。同氏は昨年、ConsumerSysに資金を投資するため、イーサと呼ばれるイーサリアムトークンを販売し始めたと同誌に語りました。フォーブス誌は保有額の確認ができなかったため、最新の価格下落の前に資産を10億ドルから50億ドルの間であるとしました。

フォーブス誌の通常の長者番付は、世界の富裕層は通常、その資産の大半が株式であるため、計算するのが簡単です。しかし、仮想通貨は、金融プライバシーを保護することに関心がある人々が作成したシステムであり、身元を明らかにする必要がありません。

多くの仮想通貨を所有しているとされる人の大半は、プライバシーとセキュリティ上の理由からその保有数を明らかにしておらず、大量のビットコインを保有していると噂されている多くの人々が長者番付に載っていません。

おそらく、もっとも顕著な例は、ビットコインの謎に包まれた創始者であるサトシ・ナカモト氏です。その保有額は何度も推測されていますが、決して明らかにはなりませんでした。調査者は、開発者に知られているように、ナカモト氏はビットコイン最初の年に約100万ビットコインを手にした可能性があると推測しました。これは、約70億ドルに相当します。

他の人は、確認せずに大量の保有を公然と主張しています。元子役でプエルトリコの仮想通貨コミュニティリーダーBrock Pierce氏は、仮想通貨10億ドルを慈善団体に寄付すると表明しましたが、フォーブス誌は「Pierce氏は資産の証明をするものの提出を拒んでいる」とし、同氏の資産を7億ドルから10億ドルだと推定しています。

この番付は、仮想通貨への発明は、仮想通貨への投資よりも収益が少なくなる可能性があることを示唆しています。イーサリアム創業者のVitalik Buterin氏は、Lubin氏とAnthony Di Iorio氏、2人の初期投資家よりも資産が少ないとみています。

また、リップルのトークンXRPの3大保有者は番付入りしていますが、創業者Jed McCaleb氏は番付入りしていません。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B