WeissRatings(ワイスレーティング)が仮想通貨投資適格として、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、カルダノ(ADA)を挙げる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

WeissRatings(ワイスレーティング)が仮想通貨投資適格として、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、カルダノ(ADA)を挙げる

WeissRatings(ワイスレーティング)が仮想通貨投資適格として、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、カルダノ(ADA)を挙げる

最近のブログで、格付け機関Weiss Crypto Ratings(ワイスレーティング)は、現在のところ、「購入」(「B-」以上)に適格する評価を得た暗号通貨が4つあると、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、カルダノ(ADA)を列挙しました。また、ビットコインが「C +」である理由とともに、格付けシステムの方法論を共有しました。

最新のブログでワイスは、「暗号通貨が現実の世界で高度な技術と普及が始まったばかりであり、まだ完全ではないが、その中で良い進歩を遂げている」、と4つのコインを以下のように説明しました。

「XRPとステラは、主に迅速な資金移動のために、企業や取引所、その他の組織に魅力的です。一方で、イオスとカルダノは仮想通貨コミュニティとして入念に設計されており、各参加者が広範なアプリケーションにおいて、プロジェクトの将来の方向性に影響を与えることができます。」

XRP、XLM、EOS、ADAは、Weissの111種類の暗号通貨を対象とした格付けの中で「B-」と評価されています。実質、現状では投資先として最良の暗号通貨とみなしています。ワイスの仮想通貨評価グレードは以下の5段階です。

A =優良、B =良、C =普通、D =脆弱、E =大変脆弱
「ワイス・レーティングのBは「良」であり、...「B」または「B-」も投資適格となります。(ワイス仮想通貨レーティングのご紹介)」

これらの4つの暗号通貨は、卓越した技術が構築されており、それぞれの目標を達成するだけの能力を有す。さらに、過去10ヵ月間に、4つは「普及メトリクスの急速な向上」を見せていると述べました;

「投資家が大規模な損失を被り、業界に対する幅広い評判にダメージを受けた期間に、4種類は著しい進歩を遂げました。仮に、暗号市場が堅調になり、投資家の関心が大きく戻ってくれば、これらの市場パフォーマンスがどうなるか想像してみてください!」

同じ記事で、暗号通貨の格付けに関して4つの方法論も紹介しています;
1、テクノロジモデルはブロックチェーン技術に焦点を当て、
2、アダプションモデルは現実世界のパフォーマンスを測定し、
3、投資リスクモデルはボラティリティと価格下落リスクを評価し、
4、投資報酬モデルは潜在的な可能性を扱います。

なぜ全ての暗号を評価しないかいう質問に、ワイスは「多くの人々が暗号通貨と呼ぶものの圧倒的多数は、本当にその種類のものではない。厳密にはユーティリティトークンであり、通常は非常に限られた目的のためにスタートアップ企業やプロジェクトによって発行されています。」として、以下のように説明しました。

「ユーティリティトークンは量販店のポイントシステムに類似しています。それを発行した商店との間で商品やサービスを交換する以外に、それ以上のことはありません。…コインが膨大にあるため、現時点では評価する準備ができていません。ほとんどの場合、低ランクを与えることすら寛大すぎるぐらいです。」

ビットコインが「C +」評価な理由について、先ほどの指標の3と4「リスク/報酬のメトリックが低い」と指摘。また、トランザクション速度の遅さ、スケーリングの難しさ、ガバナンスの弱さなど、総じて時代遅れのテクノロジーだと述べました。課題の多くは、ライトニング・ネットワークが展開すると改善する可能性がありますが、まだ時間がかかる可能性があるだろうと指摘しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B