サンタクロース・ラリーへ向けて暗号通貨市場は強気のシグナルを示す―ブルームバーグ報道

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

サンタクロース・ラリーへ向けて暗号通貨市場は強気のシグナルを示す―ブルームバーグ報道

サンタクロース・ラリーへ向けて暗号通貨市場は強気のシグナルを示す―ブルームバーグ報道

ブルームバーグは8日、テクニカル指標を引用して、「ビットコインは暗号業界が最近の倦怠感から脱却して、年末のラリーへ向けてブレイクする可能性があることを示唆しています。」と伝えました。

ブルームバーグとギャラクシー・デジタルの提携により開発されたインデックス「ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプトインデックス(BGCI)」のMACD(移動平均収束拡散手法)に基づいて、1ヶ月ぶりの買いシグナルとなるポジティブ・ダイバージェンスを示したと伝えました。この動きは、ビットコインの上昇トレンドに対応するという。ビットコイン(BTC)は7日連続で上昇しており、過去2週間で最高水準となる6,500ドル(約738,000円)前後に達しています。

売られすぎ・買われすぎを測る指標DMI (方向性指数)のビットコインの長期的なトレンドラインも、今週に新たな「強気」局面に入る事が示されました。これもまた、6日にブルームバーグが報じていました。

eToro(イートロ)社のシニア市場アナリスト、Mati Greenspan(マチ・グリーンスパン)氏は以下のように述べています。

「テクニカルは素晴らしく、ファンダメンタルズも素晴らしい。すべてのシグナルは、暗号市場におけるサンタクロース・ラリーを指している。」

7日、NewsBTCが、「米コインベース取引所がリップル(XRP)を上場するかもしれない」と報じて、XRPは今週10%近く上昇しています。

しかし、ビットコインやアルトコインの価値は一年を通して下落しており、最近はボラティリティも低下して、市場が停滞していました。過度な期待はできないようです。取引量の傾向と過去の価格設定を分析して「ビットコインは最近の価格の半分程度の価値しかないはずだ」とブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストMike McGlone氏は指摘しています。Mike氏は「健闘を祈る。しかし、私たちの指標のほとんどは依然としてネガティブなままだ。」と書いた事を、ブルームバーグは強調しました。

今年9月、仮想通貨に特化した商業銀行Galaxy Digital(ギャラクシー・デジタル)社の創設者Michael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、仮想通貨市場が底を打ったと表明しました。

「(9月13日に)昨年末の高値と、大規模なラリー(バブル)につながった加速ポイントに接触しました…市場は、ブレークアウトを再現したいと思っています。私たちはバブルを取り戻しました。」

Novogratz氏は、7月にCNBCの番組で「暗号通貨市場全体の時価総額が12ヵ月以内に8,000億ドル(約89兆円)に達する」と述べていました。

10月に入ってマイケル・ノヴォグラッツ氏は、来年のQ1とQ2に機関の資金の流入が起こる可能性があり、ビットコインに非常にポジティブであると表明しました。なお、同氏は2018年内のビットコイン価格の1万ドル突破には難色を示しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B