トロン(TRX)のトークン移行が順調に進行、8億ドル相当の旧トークンの98%をバーンしたと発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トロン(TRX)のトークン移行が順調に進行、8億ドル相当の旧トークンの98%をバーンしたと発表

トロン(TRX)のトークン移行が順調に進行、8億ドル相当の旧トークンの98%をバーンしたと発表

11月1日、暗号通貨トロン(TRX)の創設者Justin Sun(ジャスティン・サン)氏は、8億ドル(880億円)相当のTRXトークンをバーンしたことを発表しました。

2018年6月のTRONメインネット開設以来、現在までに、OKEx、フオビ、バイナンス、クリプトピアなど100以上の取引所やウォレットでトークン移行を完了し、出金と預金サービスを再開しました。取り出されたすべてのERC20トークンは、TRON財団によって処理されてきました。

ツイッターでジャスティン氏は以下のように述べています;

「私は8億ドル相当のERC20トークンのTRXをバーンしました。ERC20のTRXトークンはすぐに歴史的な骨董品になります。このイベントは、トロン財団が2018年に成功したメインネットのローンチを完了して以来、7度目のコインバーンイベントとなります。」

TRONブロックチェーンが独立したメインネットローンチ以後、トロン財団は定期的に古いERC20トークンのバーンを実施すると発表していました。ERC20トークンを取り除くことにより、市場に1種類のみのTRXが流通していることを保証します。これにより、新しいユーザーと投資家の間で混乱を防ぐだけでなく、古いトークンが利用できないことが保証されます。

11月2日に公開されたブログによると、トロン財団は6月以来7度目のERC20トークンのコインバーンまでに、合計でおよそ1,000億TRXが消滅されたと述べています。“公式な統計によると、98012196741.9 TRON ERC20トークンが現在までにバーンされました。ERC20 で発行されていた1,000億TRXの98.01%を占めます。」と述べています。

また、11月2日、Justin Sun氏はTRXトークンがロシアの暗号通貨取引所BITEXBOOKに上場されており、すぐにビットコインとのペアで取引できることを発表しました。コインマーケットキャップにデータは掲載されていませんが、VISAやマスターカードで購入でき、モバイルアプリで利用できることが公式ページから明らかです。

BITEXBOOKは2013年に設立されたStreamCapital Group LTDの一部です。StreamCapitalは様々なITプロジェクトや金融プロジェクトを形成しています。

コインマーケットキャップによると、トロンの価格は5日夕方の時点で、1TRX=2.66円(前日比3.61%高)、時価総額1748億円、市場11位となっています。発行枚数は990億TRX、循環供給枚数は657億TRX。332億500万TRXは財団によってロックアップされています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B