ドイツ連邦金融監督庁、英仮想通貨取引所に対し「越境取引」を即時停止する命令を下す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ドイツ連邦金融監督庁、英仮想通貨取引所に対し「越境取引」を即時停止する命令を下す
 

ドイツ連邦金融監督庁、英仮想通貨取引所に対し「越境取引」を即時停止する命令を下す

ドイツ連邦金融監督庁、英国取引所に越境取引停止を命ずる
ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が英国の仮想通貨関連企業に対して、越境プロップトレーディングの即時中止を命じた。英国とEU内の国とで明確に分けて、越境取引に停止命令を行う重要な事例となる。ドイツ連邦金融監督庁は最近ICOについても警告を行っており、仮想通貨に関する規制を世界的にリードしている。

BaFinによる業務中止命令

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)は11月9日付で英国に拠点を置く仮想通貨関連企業Finatex Ltd.に対し、越境プロップトレーディング業務について、ドイツ連邦共和国の関連法に基づく許可を得ていないとして即時中止を命じた

Finatex Ltd.は、crypto-capitalsというホームページを運用しており、その中で顧客はCFD(差金決済取引)を行うことができる。

欧州の規制強化

取引所の登録制度にもより積極的に匿名性からの脱却に規制の目を向けており、4月にはEY議会にてマネロンやテロ資金供与防止などを目的とした規制強化が行われている。

この様な背景を踏まえ、今回EUとイギリスとの間で未登録業者が線引きされ、強制越境取引停止へと動いたことは、欧州の各国の動きとして重要な事例となるだろう。 

欧州で人気を博すCFDの規制も含まれており、レバレッジ上限を5倍から2倍へ引き下げる規制を期間を設けて適応、投資家への警告も度々行っている。

ドイツの仮想通貨関連規制

BaFinは仮想通貨に対して慎重な見方を貫いており、今年3月にはICOについても投資家に対して注意を呼び掛ける公式文書を発表している。

他方でBaFinなどのドイツ当局は仮想通貨関連の規制整備を急いでおり、今年アルゼンチンで開かれたG20ではドイツとフランスが共同でビットコインへの規制を目指すと宣言するなど、仮想通貨関連の規制を世界的にリードしている国でもある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B