メジャーアルトの価格と取引量の増幅、テザー(USDT)は月曜早朝に3.8%急落

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

メジャーアルトの価格と取引量の増幅、テザー(USDT)は月曜早朝に3.8%急落

メジャーアルトの価格と取引量の増幅、テザー(USDT)は月曜早朝に3.8%急落

日本の月曜日早朝、ステーブルコイン「テザー(USDT)」が1ドルから0.96ドルへ3.8%急落、アルトコイン市場が上方へ反応しました。USDTによる今日の落ち込みは、アルトコイン市場の広範な価格と取引量のブーストと一致しました。

UTC時間の日曜日(日本朝8時頃まで)、世界的な暗号市場の取引量は25億ドル(約2800億円)上乗せされましたが、ビットコイン(BTC)よりもアルトコインへ分散した様です。

時価総額トップ10コインとトークンのうち、ダッシュ(DASH)、ライトコイン(LTC)、カルダノ(ADA)など、一時的に1日で10%の利益を上げました。これは、ビットコインキャッシュ(BCH)に続いて、今日の市場で増加したコインとなっています。

他の大型アルトの中では、トロン(TRX)、モネロ(XMR)、イオス(EOS)、イーサリアム(ETH)、も5%増の急激なパンプを見せました。相対的に、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)は鳴りを潜めました。

世界の暗号通貨市場に流入した25億ドルのうち、わずか5億ドルがビットコインに向かいました。大半はビットコインキャッシュへ向かい、週末をかけてBCH市場に10億ドル近く流入しました。

イーサリアム(ETH)の取引量は約15%増加、新規取引で2億ドルを追加しました。トップ10のアルトコインの大部分は、取引量が増加した様です。カルダノ(ADA)は1500万ドルから4000万ドルに増加、イオス(EOS)とライトコイン(LTE)は土曜日から日曜日に1億ドル以上を上乗せしました。

暗号通貨の市場規模は、取引量の増加に伴って30億ドル(約3300億円)増加、1.5%増となりました。ビットコインの行動から乖離した、主要なアルトコインの明らかなパンプは、弱気市場のQ4において、新鮮な楽観主義を誘因する可能性が高いかもしれない。

テザー(USDT)の価格は1ドルから0.961930ドルへ3.8%減少しました。USDTの突然の落下の触媒(カタリスト)は不明ですが、ビットコインキャッシュ(BCH)が突如テザーに買われた事と一致します。日曜日のBCH取引量の3分の1以上が、USDTとのペアから発生しました。現在、テザーはペッグを回復しています。

また、テザーはバハマの銀行と新たな銀行関係を結んだとニュースが流れました。ドルペッグが安定すると見られています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B