中国PBoCが仮想通貨のエアドロップを含む“偽装ICO”への警戒を示す報告書を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国PBoCが仮想通貨のエアドロップを含む“偽装ICO”への警戒を示す報告書を発表

中国PBoCが仮想通貨のエアドロップを含む“偽装ICO”への警戒を示す報告書を発表

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)は、暗号通貨やトークンのエアロドロップ及び無料配布を抑制しようとしている様です。

金曜日に発表された2018年の金融安定報告によると、PBoCは「トークンの販売を弾圧するこれまでの努力にもかかわらず、エアドロップを含む偽装されたICO(イニシャル・コイン・オファリング)が増加し続けている」と指摘しています。

偽装されたICOの一つの例として、一部の暗号会社は中国外でプロジェクトを進めており、代理店を使って中国の投資家の代わりに投資していると述べました。

また別のプロジェクトでは、資金を直接調達するためにパブリックにトークンを販売する代わりに、無料のトークンを配布して、全体の供給量の一部を提供していると説明しました。PBoCは、「これらの企業は収益を上げるため、これらのトークン価格を引き上げようと、流通市場での投機を試みている」と付け加えました。

統計によると、2017年7月18日までに完了したICOは65件あり、そのうち5件が2017年以前に完了していました。さらに、105,000人以上が参加して総額約26億元(約415億円)を調達したと見られており、この数字は同期間にグローバルで調達した金額の20%以上を占めています。

中国の中央銀行(PBoC)は、「投資家を教育・保護する目的で暗号業界を監視するために、非常に警戒し、他の機関と調整する必要がある。」と述べました。

PBoCは、ICOを完全に禁止した2017年9月以来、資金調達活動を阻止する措置を取ってきました。今年6月、PBoCの副総裁Pan Gongsheng氏は、「偽装された」ICOに対して強い声明を発表し、中国で暗号資産の取引が違法であると強調しました。中国メディアYicaiの報道によるとPan副総裁は以下のように述べています;

「既存の法的枠組みの下で許可されていない新しい金融商品や現象が表面化すれば、我々はすぐにそれをクラッシュする。」

その後8月に、PBoCによって設立された自己規制組織である国家インターネット財政協会(NIFA)は、公的機関が違法ICOの疑いを報告できるよう、プラットフォームに「トークンセールス」カテゴリーを追加しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B