分散型融資プラットフォームCREDがリップル(XRP)担保の米ドル融資に対応、約55億円の信用枠を確保

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

分散型融資プラットフォームCREDがリップル(XRP)担保の米ドル融資に対応、約55億円の信用枠を確保

分散型融資プラットフォームCREDがリップル(XRP)担保の米ドル融資に対応、約55億円の信用枠を確保

分散型融資プラットフォームCRED(クレド)は、担保オプションにリップル(XRP)を追加したことを発表しました。XRPホルダーは、所有するXRPを売却したり、税金を心配することなく、米ドル(USD)に現金化できるようになります。また、CREDはグローバル信用枠を5,000万ドル拡大して、3億ドル(約330億円)とした事を発表しました。

暗号通貨を担保とするを融資プラットフォームCREDは、元PayPalの幹部によって2018年に設立されたブロックチェーンのスタートアップです。同社は「Crypto Line of Credit(C-LOC)」を通じ、複数国で暗号通貨に担保されたローンを一桁レートで提供しています。C-LOCで暗号通貨ホルダーは、ローンの担保に暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル)を入金できます。ローンが返済されると暗号通貨は返送されます。

CREDの共同設立者Dan Schatt氏は、XRPを担保オプションに追加したことについて以下のように述べています;

「XRP保有者に、ETHおよびBTC保有者と同じ低金利で、便利な流動性サービスを提供することを喜んでいます。当社は、ユーザーの利益のためにCREDプラットフォームを統合しているパートナーをサポートし続けます。」

CREDは、融資のために利用可能なグローバルな与信枠で3億ドル(約330億円)以上を確保した事を発表しました。これは同業他社を足し合わせても3倍以上の規模だという。XRPベースのローンに5000万ドルを確保しています。

公式ページによると、同社の投資家には取引所バイナンスを含め、18社以上のクリプトファンド・ベンチャーキャピタルが名を連ねる。一部は実際にユーザーとして流動性を確保している。暗号通貨投資家でArrington XRP Capitalの創設者Mike Arrington氏は、自身もCREDユーザーだという。同氏はXRPを資産クラスとして認定したCRED社に賛辞を送りました。

「一人のCREDの借り手として、CREDの対応は私のニーズに非常にマッチしているので、感謝しています。彼らは伝統的な金融サービスエコシステムと暗号コミュニティの間で信頼できる橋渡し役として、私を魅了し続けます。」

CREDのネイティブLBAトークンは、米国を含む180以上の国々でアクセス可能。CREDのコミュニティメンバーは10万人を超える。

登録フォームを見る限り、CRED日本在住者向けの融資も対応している様です。

暗号通貨を担保にした融資の分野は、市場で多くの投資家の需要に応えています。10月にNexo(NEXO)は、5番目の担保オプションとしてリップル(XRP)を業界で最初に追加した事を発表しました。

同月に別の融資プラットフォームSALT はドージコイン(DOGE)保有者に米ドル建てのローンを提供しました。

SALTの競合BlockFiは、ジェミニドル(GUSD)のサポートを追加しました。GUSDは、ウィンクルボス兄弟の暗号通貨取引所Gemini(ジェミニ)に発行されたステーブルコインです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B