専門家が語る 20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

専門家が語る 20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性
 

専門家が語る 20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性

経済危機に懸念相次ぐ
仮想通貨取引所ShapeShiftのCEOであるErik Voorhees氏はツイッターで、「20兆ドル規模の米国債は仮想通貨にとっては追い風」であると述べた。仮想通貨関係者以外の著名投資家や経済学者も米国債の規模の急上昇に懸念を示し、次の経済危機を警告している。経済危機となれば法定通貨への不安感から、仮想通貨への資金の流入の可能性も指摘されている。

20兆ドル規模の米国債は仮想通貨には追い風

仮想通貨取引所ShapeShiftのCEOであるErik Voorhees氏は11月9日、自身のツイッターで米国債の状況が、今後の仮想通貨の追い風になり得るとした内容を投稿した。

「次の金融危機が発生し、20兆ドル規模の負債を持つ組織(編集部注:米国政府)に返済の能力がなく、通貨発行をせざるを得ないということを世界が認識したとき、法定通貨は追い込まれる…その時仮想通貨に何が起こるかが楽しみだ。」

Erik氏の発言の背景にあるのは、急拡大を続ける米国債の規模だ。10月には連邦政府が1.34兆ドルの新規債発行を発表、これは一回の発行としては2010年以降では最大規模になる。

要するに金融危機が発生した時に、法定通貨の管理通貨制度における裏付け「信用」という担保を保つことが難しくなり、自ずと政府の信用力には紐づいていない仮想通貨に需要が集まるのでは無いかという予想だ。

米国の財政赤字と拡大する一方の米国債

こうした米国債の拡大について、懸念を示しているのは仮想通貨関係者だけではない。

「合衆国財務省は先週、830億ドルもの長期債の発行を発表したばかりだ。これはリーマンショック直後の2009年から2010年当時の発行規模を上回る。2019年にも1.4兆ドルの国債発行が予定されており、国債の洪水ともいえるほどの状況になると指摘する専門家もいるほどだ。」と言及し、米国経済の先行きを危惧、以下の様に述べた。

こうした状況は全てに影響を与える。金利が上昇しすぎて、経済成長に冷や水を差しかねない。

下の画像は拡大を続ける米国政府の借り入れ額をBloombergが掲載したものだが、2019年には1.4兆ドルが予定されている状況は、リーマンショック直後の水準に匹敵する。

経済学者の指摘

経済成長が追いつけないほど金利が上昇しているという指摘は、投資家だけでなく経済学者からもなされている。

藤巻健史議員も、経済危機時の仮想通貨の立ち位置を見る

私たちみたいに外資系にいて、金融の知識があって、ある程度英語が読めれば海外の口座を作るということもできますが、一般人には敷居が高い。

そんな時に最も手軽なのは、仮想通貨に逃げることだと思います。だからキプロスとか、キプロスをタックスヘイブン(租税回避地)に使ってたロシア人とか、まさにそう。

今のところSNSなんかで書いてないけども、米中貿易戦争の影響が深刻化してくると、中国の法定通貨である「人民元」が安くなってくると思うんですよ。

今のところそういった現象がないんで、あまり声を大にしては言えないんですけど、もし米中貿易戦争がさらなる長期化で深刻化した場合、中国の方の規模が大きくなってくる可能性もあるかなと思います。

これからの10年は「面白いことになる」

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B