米国の20兆ドルの債務が暗号通貨市場の盛り上がりに繫がる―ShapeShift(シェイプシフト)CEO

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国の20兆ドルの債務が暗号通貨市場の盛り上がりに繫がる―ShapeShift(シェイプシフト)CEO

米国の20兆ドルの債務が暗号通貨市場の盛り上がりに繫がる―ShapeShift(シェイプシフト)CEO

ShapeShift(シェイプシフト)CEOのErik Voorhees(エリック・ヴォーヒーズ)氏は、11月時点で約21.7兆ドルに上る米国の巨額の負債は、暗号通貨市場の大きな盛り上がりにつながると主張しました。関連して、複数のエコノミストは2020年頃に世界的な金融危機を予測しています。

スイスを本拠とする仮想通貨交換サービスのShapeshift(シェイプシフト)は、ビットコインの購入や50種類以上のアルトコインとの交換などを即座に行える交換サービスを提供している。同社CEOのErik氏は以下のように述べています;

「次の世界的な金融危機が発生した時、米組織が20兆ドルの債務を抱えている事に気づいた世界は、おそらく返済することができないため、代わりに新たに刷るしかない。結果、フィアット(法定通貨)は落ち込む。暗号に何が起こるか見ておくといい。」

Voorheesは、国家債務を返済するために、政府と連邦準備制度は、より多くのフィアットの発行を余儀なくされ、インフレと米ドルの購買力の低下につながると示唆しました。

管理資産5.4兆ドルで世界最大級の資産運用会社BlackRock(ブラックロック)は、急速に増加する米国の国債に対する懸念を表明していた。同社CEO、Larry Fink(ラリー・フィンク)氏は、米国政府は財政赤字の増加により供給問題に向かっていると述べた。来年から米国は、1年に1兆ドル借りなければならない可能性があると指摘しました。

米連邦準備理事会(FRB)の金利上昇が示すように、米ドルの上昇するインフレ率は、経済を維持するには高すぎるという。Larry Fink氏は以下のように述べた。

「これはすべてに関連する現実的な問題となるかもしれない。現行の成長率で、経済を持続させるには高すぎる金利を抱えた世界において。」―11月8日、Yahoo Finance

世界金融危機を予測した、暗号通貨懐疑論者のNouriel Roubini(ヌリエル・ルビーニ)教授、もまた、米国経済が成長率とかけ離れて金利が上昇したことを強調しました。

「景気刺激策がタイムリーに行われなかったため、米国経済は過熱しすぎており、インフレは目標を上回って上昇している。米連邦準備理事会(FRB)は、現在の2%から2020年までに最低3.5%まで連邦基金の金利を引き上げる予定だ。そのことは、短期的および長期的な金利と米ドルを押し上げる可能性が高い。」と述べた。9月に同氏は2020年までに大規模な金融危機を予測している、Project Syndicateが報じた。

2020年末までに、連邦準備理事会が設定した過度に高い金利によって金融危機が発生すると、米ドルは大幅に下落し、投資家は価値が世界経済に依存しない金貨や暗号通貨などの価値の保存(ストア・オブ・バリュー)に流れ込む。Erik Voorhees氏はそう考えていると思われます。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B