マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害か|米裁判所に陪審裁判を申請

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害か|米裁判所に陪審裁判を申請
 

マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害か|米裁判所に陪審裁判を申請

Bitmainが550万ドル相当のハッキング被害
マイニング大手のBitmainがBinanceの口座に持っていた550万ドル(約6.2億円)相当のビットコインが、ハッカーによって盗まれBittrexへ送金されていたという内容の文書がScribdという共有サイト上に公開された。
ジョン・ドー(ジェーン・ドー)とは
米法律システムにおいて身元が特定されていない場合に利用される名称。日本の「名無しの権兵衛」に相応する。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Bitmainへのハッキングを示唆する文書がネット上に公開

マイニング大手のBitmainがBinanceの口座に持っていた617BTCが匿名のハッカー「ジョン・ドー」によりハッキングされBittrexへと送金されていたという内容の、Bitmainを原告とし米国ワシントン州シアトルの地方裁判所に提出する形の訴状が、共有サイトScribd上に掲載された

Anonymous 0650qlAG9の名前で
Scribd上に掲載されたこの文書によると、身元不明のハッカーはBitmainが仮想通貨取引所バイナンスに所有する口座に不正にアクセスし、同口座にある617BTC、約6.2億円分のビットコインを盗んだという。

同文書内ではBitmainが「ジョン・ドー」、または身元不明の容疑者を告訴する形となっている。

米国では身元や正体が不明な時はジョン・ドー、又はジェーン・ドーを利用する事例が多い。

「ハッキング」の詳細

同文書によると「ジョン・ドー」は2018年4月22日ごろ、Bitmainの口座に不正にアクセスし、仮想通貨MANAコインを市場価格をはるかに超える価格で注文した。

3. 犯人所有のMANAコインがハッカーのウォレットからBitmainのウォレットへ

4. 犯人のバイナンスウォレットが市場価格より低い額でBitmainのウォレットからMANAコインを購入。

5. BitmainはBTCで4のMANAコインの支払いを受け取る。

・犯人がBTC-MANAトレード(違法取引)から得た利益で様々な仮想通貨をBinanceやBittrex等の仮想通貨取引所で購入

こうしてハッカーは、相場よりはるかに高い価格でMANAコインをBitmainに売りつけた形になり、その結果大量の(相場で売った時以上の)仮想通貨を手に入れたとみられる。

同文書によればBitmainは、「MANAコインの市場は小さいため」、このような形でMANAコインの不正売却を行ったと考えている。

同文書はこの不正取引によってBitmainが被った損失は617BTCに上り、総額550万ドル(約6.2億円)に相当するとしている。

本文書の信憑性について

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B