仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」
 

仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」

ビットコインキャッシュのハッシュ戦争
ビットコインキャッシュはABC派とSV派で対立する状況が続いており、ハッシュパワーで覇権を争う「ハッシュ戦争」も状況は定まっていない。
本記事では、現在の状況と投資家の注意点をまとめた。

ビットコインキャッシュハードフォーク「4つの注意点」

日本時間11月16日1時40分頃に控える、ビットコインキャッシュのハードフォークにおいて、対立する「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」の2チェーンに分裂する可能性が生じている。

新通貨の付与といったプラス面ばかりが取り沙汰されがちだが、ここまで大規模な敵対的ハードフォークは仮想通貨史上でも類を見ないことから、不測の事態を招く可能性もあり、マイナス面にも留意したい。

そこで今回、ビットコインキャッシュのハードフォークにおいて、投資家が注意すべき「4つの注意点」をまとめた。

注意点1:ハッシュ戦争の行方

ビットコインキャッシュは、現在「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」、2つのプロトコルに分岐しているが、その後BCHがどのように推移していくのかは、定かではない。

ハードフォークをすることで、単純に2つの異なる通貨が存在すると考えられがちだが、今回のBCHハードフォークでは、分岐したチェーンを別々のものとしてはっきり区別することを可能にする「リプレイプロテクション」が双方のブロックチェーンには実装されていないため、一つのチェーンが勝ち残るための戦いに発展している。

ハッシュ戦争によるハッシュの集中化は、ビットコインのハッシュを集める事に繋がるため、双方のコミュニティは収益率がマイナスになっている状況での消耗戦に発展する可能性もある。

また、下の2点も双方のチェーンが継続して続く可能性がある例として挙がっている。

リプレイプロテクション実装:状況の悪化を懸念する動きとして、リプレイプロテクションを実装する緊急ハードフォークを行い互換性を伴わないブロックチェーンになり、双方のブロックチェーンが共に成り立つ可能性もあるだろう。

このように、状況こそ見定める必要がある状況で、本記事では、私たちが注意しておくべき点をまとめた。

注意点2:当面の間は送金不能の可能性も

注意点3:日本特有の問題

注意点4:BCH先物取引に関する当局の判断

ネイキッド・ショートとは
証券会社(取引所)から株(仮想通貨)を借りることなく、空売りをする手法。借り株を見つけ、貸し手と契約を締結したのちに実行する通常の空売りとは異なり、複数のトレーダーが価格操作等に利用される恐れから、日本では2008年10月より禁止になっている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B