GMO、独自の円ペッグ仮想通貨の識別コードを「GYEN」に決定か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

GMO、独自の円ペッグ仮想通貨の識別コードを「GYEN」に決定か

ニュース

GMO、独自の円ペッグ仮想通貨の識別コードを「GYEN」に決定か

日本円連動ステーブルコイン「GMO Japanese YEN」を2019年度にアジア地域で展開予定

 GMOインターネット株式会社は11月12日、同社が発行準備している日本円連動のステーブルコイン(円ペッグ通貨)「GMO Japanese YEN」について、識別コード(ティッカーシンボル)を当初発表の「GJY」から「GYEN」に変更した。「GMO Japanese YEN」(GYEN)は、GMOインターネットグループの海外戦略ブランド「Z.com」を通じて発行する計画で、2019年度にアジア地域で展開する予定とのこと。

 ステーブルコインは一般的な仮想通貨と異なり、交換レートが法定通貨等と1対1に固定されているため、価格変動(ボラティリティ)が安定している点が特徴となる。また、ステーブルコインの種別は大きく3種類に分けられる。法定通貨に価値を担保された「法定通貨担保型」、ほかの仮想通貨に価値を担保された「仮想通貨担保型」、資産の担保がなくスマートコントラクト機能により価値を安定させる「無担保型」だ。

 「GMO Japanese YEN」(GYEN)は、日本円連動のステーブルコイン(円ペッグ通貨)となる。同等の日本円を保有する「カレンシーボード制」の採用を検討しており、日本円に担保された「法定通貨担保型」とする見込みとのこと。

引用元はこちら
当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B