PvPマルチプレイヤーゲーム「ウォー・オブ・クリプト」からゲーム間の垣根を無くすブロックチェーンキャラクターが登場、同一キャラクターがマインクラフトでも使用可能に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

PvPマルチプレイヤーゲーム「ウォー・オブ・クリプト」からゲーム間の垣根を無くすブロックチェーンキャラクターが登場、同一キャラクターがマインクラフトでも使用可能に

PvPマルチプレイヤーゲーム「ウォー・オブ・クリプト」からゲーム間の垣根を無くすブロックチェーンキャラクターが登場、同一キャラクターがマインクラフトでも使用可能に

注目のゲーム専用トークン「エンジン (Enjin)」を基盤にしたユニークで先進的かつ交換可能なキャラクターが満載のPvPマルチプレイヤーゲーム「ウォー・オブ・クリプト (War of Crypto)」は、複数のゲームでプレイできる初めての Enjinマルチ・ワールド・アイテム「ゴード (Goard)」のリリースを明らかにしました。

ウォー・オブ・クリプトのネイティブキャラクターの「ゴード」は、エンジン・マルチワールド・システムのブロックチェーン技術を使って複数のゲームでプレイすることができます。

開発者によれば、ウォー・オブ・クリプト自体はエンジンブロックチェーン内にはありませんが、トークンベースのキャラクター「ゴード」はゲームの垣根を越えて、マインクラフト内で遊べるポケモンゲーム「ポケファインド (PokéFind)」でも使用することができます。

ゴードはウォー・オブ・クリプトのキャラクターですが、11月10日からはマルチバースパワーを使用して、ポケファインドでポケモンやマインクラフトプレイヤーと対戦することができます。 ゴードの初回価格は190 ENJ (オープニングレート:2%)に設定され、約300体がリリースされる予定です。

このニュースは、エンジンが新しいブロックチェーンアイテム作成サービス「ミントショップ (Mintshop)」のリリースを発表した直後に明らかになりました。

ミントショップでは、開発者とユーザーがERC-1155トークンを使ってリクエストすると、プロジェクトの「エンジニア(Enjineer)」がブロックチェーンアセットを作成します。

エンジンコインは現在、0.05ドルで取引されており、時価総額は3860万ドルとなっています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B