シンガポールの金融管理局と証券取引所、トークン化資産の決済システムの開発に成功

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポールの金融管理局と証券取引所、トークン化資産の決済システムの開発に成功
 

シンガポールの金融管理局と証券取引所、トークン化資産の決済システムの開発に成功

シンガポール金融管理局とシンガポール証券取引所がトークン化資産の決済システム開発に成功
シンガポールの金融管理局と証券取引所が共同声明で、トークン化資産のブロックチェーンを実装した決済システムの開発に成功した事を発表した。資産トークン化への基盤として注目が集まっている。
シンガポール金融管理局(MAS)とは
シンガポールの通貨当局、中央銀行。外為基金の管理や、銀行など金融業に対する監督、通貨制度の維持が主な任務。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

シンガポール証券取引所(SGX)とは
アジア・太平洋地域で最初に株式会社化及び現物株式市場と派生商品市場の統合を行った取引所。1999年に既存のシンガポール証券取引所(SES)とシンガポール国際金融先物取引所(SIMEX)との合併により設立。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

シンガポールでトークン化資産の実装成功

シンガポール金融管理局(以下MAS)とシンガポール証券取引所(以下SGX)が11月11日に共同で発表した公式リリース
によると、MASとSGXがトークン化資産のブロックチェーンを実装した決済システムの開発に成功したことが明らかになった。

また今回発表されたDelivery versus Payment(DvP)システムでは、有価証券取引後処理(ポスト・トレード)をスマートコントラクトによって簡素化し、決済サイクルを短縮することが出来る事が明らかになった。

ブロックチェーン基軸のDvP決済システムとは

つまり、スマートコントラクトにより、有価証券の売り手が引き渡しても支払われないリスク、または買い手が支払いを実行したにもかかわらず引き渡しを受け取らないリスクから守られると考えられる。

現在の資本市場のプロセスでは、営業時間により取引が制限され、取引後はカウンターパーティーリスクや機会損失などのためマニュアルで処理・調整する必要がある。

デジタル証券の決済システムを進めるMAS

このプロセスにより、フィンテック・投資企業は、同時取引や決済が可能になる為、決済リスクが軽減され、業務効率が向上が期待される。

このプロジェクトでナスダックとデロイトによりプロトタイプが開発されており、金融機関や投資家がトークン化されたデジタル通貨と証券資産を、異なるブロックチェーンプラットフォーム上で同時に交換・最終決済することをすでに実証している格好だ。

MASの最高フィンテック責任者のSopnendu Mohanty氏は次のように述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B