仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為|金融庁「第9回 仮想通貨研究会」ビットコイン規制内容

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為|金融庁「第9回 仮想通貨研究会」ビットコイン規制内容
 

仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為|金融庁「第9回 仮想通貨研究会」ビットコイン規制内容

仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為
今回の仮想通貨研究会では、仮想通貨ではなく暗号資産と呼ぶべきかとの議論に加え、仮想通貨取引所に係るインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為についても言及された。

第9回 仮想通貨研究会

金融庁にて11月12日、仮想通貨関連業界の有識者が一同に介し、国内の仮想通貨規制に関する討議を行なった。

金融庁による、第9回仮想通貨研究会の議題は、以下の通りだ。

3.仮想通貨の呼称

4.仮想通貨デリバティブ取引に係るその他の論点

ウォレット業者については、以下のようなものが存在する。

また、問題点としては、「ウォレット業務には、サイバー攻撃による顧客の仮想通貨の流出リスク、ウォレット業者の破綻リスク、マネロン・テロ資金供与のリスクなど、一部、仮想通貨交換業と共通のリスクがあると考えられる。」としている。

仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為

そのほか、公式資料に記載された注目の議題として、仮想通貨市場で横行しているとれる、新通貨上場などの「インサイダー取引」と、大規模の仕手グループによる「相場操縦行為」についても挙げられる。

今年8月には、ウォール・ストリート・ジャーナルが、仕手グループに関するレポートを公表。

呼称問題「仮想通貨か、暗号資産か」

総合課税とは
仮想通貨が分類される「雑所得」は総合課税の対象となり、給与所得など他収入との合算額に応じて税率が決まる。最大税率は住民税10%と合計して最大55%。

ICOについて

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B