シンガポールの中央銀行と証券取引所SGXがトークン化された証券市場システムを公表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポールの中央銀行と証券取引所SGXがトークン化された証券市場システムを公表

シンガポールの中央銀行と証券取引所SGXがトークン化された証券市場システムを公表

11日、シンガポールの中央銀行であるシンガポール金融管理局(MAS)とシンガポール証券取引所(SGX)は、トークン化された資産の決済システムを成功裏に開発した事を発表しました。

情報通信省のリリースによると、新たな証券市場(DvP)システムはスマートコントラクトを活用して、取引後のプロセスを簡素化し、決済サイクルを短縮するためのものです。

この新たなシステムは、金融機関がトークン化されたデジタル通貨と有価証券の取引と最終決済を同時かつ容易に行うことを目的としています。これらの活動を同時に実行する能力は、業務効率を向上させ、決済リスクを軽減します。

このプラットフォームのプロトタイプは、技術的パートナーであるナスダックとデロイトと共同で開発されました。プロトタイプは、金融機関や投資家がトークン化されたデジタル通貨と証券資産を、異なるブロックチェーンプラットフォーム上で同時に取引・最終決済することを実証しました。

MASの最高技術責任者、Sopnendu Mohanty氏は次のように述べています。

「ブロックチェーン技術と資産のトークン化は、世界的に新しいイノベーションの波を促進しています。このプロジェクトはブロックチェーン技術の価値と、それが短中期的に金融産業にもたらすメリットを実証しました。資産のトークン化の概念、およびこのプロジェクトから得たその他の学習は、まったく新しい世界のチャンスを創り出しています。」

SGXの技術責任者であるTinku Gupta氏はリリースで以下のように述べています;

「プラットフォームの実世界での相互運用性と、デジタルトークンと証券の同時取引を可能にするために開発したユニークな方法論を鑑みて、SGXにとって最初の技術特許を申請しました。」

新システムは「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の拡張版です。これは支払いと証券の清算と決済にブロックチェーン技術を模索するプロジェクトで、2016年11月にMASとシンガポールの金融サービス業界の協力の下で開始されました。

SGXは8月にMASや他社と協力して、プロジェクト・ウビンの既存のプロトコルを調べ、DvPプラットフォームにそれらを最大限に活用する方法を判断すると発表していました。当時宣言した通り、本プロジェクトの結果について詳細なレポート「Delivery versus Payment on Distributed Ledger Technologies」を発行しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B