新たに大規模な独仮想通貨ファンドが誕生|一般投資家の弱気とは反比例して増加する機関投資家の動向

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新たに大規模な独仮想通貨ファンドが誕生|一般投資家の弱気とは反比例して増加する機関投資家の動向
 

新たに大規模な独仮想通貨ファンドが誕生|一般投資家の弱気とは反比例して増加する機関投資家の動向

ドイツ銀行の元トレーダーが仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げ
ドイツ銀の元トレーダーが共同で最大110億円以上(初期ファンドは3千万ドル)の規模の仮想通貨ファンドCircuit Capitalを立ち上げることを発表。弱気相場で減退する一般投資家とは異なる機関投資家の状況を説明した。

仮想通貨ヘッジファンドの傾向

仮想通貨市場は、2018年年始から弱気相場を続けているものの、仮想通貨ヘッジファンドは参入は相次いでおり、市場の低迷による一般投資家の関心とは逆行している傾向がある。

以前、仮想通貨調査会社が2018年に設立されたヘッジファンドの20%が仮想通貨専門を掲げており、そして、その大半の資金を仮想通貨に直接投じているとの統計結果をコインポストでも報道した。

20%というパーセンテージは小さいようにも思えるが、市場規模が既存の株式や為替、またデリバティブ市場と比較すると極端に小さい仮想通貨において、トレンドや注目度は増している傾向が見受けられる。

米ドル(USD):約1787兆円

新たにドイツ銀行の元トレーダーも参戦

米有力誌ブルームバーグの報道によって、ドイツ銀行の元トレーダーが共同で30億円超えの仮想通貨ヘッジファンドCircuit Capitalを立ち上げたことが明らかになった。

そして、世界的メガバンク=ドイツ銀行(Deutsche Bank AG)の元トレーダーのEugene Ng氏とTikehauキャピタルの元非公開株アナリストを務めたAaron Tay氏も共同創設者であり、仮想通貨をトラッキングするインデックスの開発も手がける予定だ。

また、Circuit米国の業務を運営するベテラン投資家のBo Nam氏は、来年の第一四半期にローンチする時には、約3千万ドル(≒34億円)のファンドを調達すると予定しており、110億円以上の規模を目指していることを明らかにした。

仮想通貨ヘッジファンドは強気の傾向

Ng氏は、この新しいヘッジファンドに関して、ブルームバーグの取材に対して以下の様に語った。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B