次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進
 

次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進

dAppsとしてのイーサリアムの躍進
イーサリアムに注力したブロックチェーン企業Consensysの創業者であるJoseph Lubin氏は、今後のWEB2.0からWEB3.0への移行においてイーサリアムが主導権を握って牽引していくと述べた。
仮想通貨自体が”killer app”
Lubin氏は、dAppsにおいて、未だUberやAirBnBのような「killer app」と呼ばれる革新的なものが台頭してきていないことを指摘されたが、イーサリアム自体が「killer ecosystem」であり、仮想通貨自体が「killer app」であると主張した。

dAppsとしてのイーサリアムの躍進

先日行われたイーサリアムの年次会議であるDevcon4にて、イーサリアムに注力したブロックチェーン技術関連企業Consensysの創業者Joseph Lubin氏が登壇し、イーサリアムの将来性について言及した。

彼は、イーサリアムこそが次世代のWEB3.0を後押しし、中心となっていくと示唆する一方で、そのイーサリアム基盤のdAppsがインターネットだけでなく、人々の生活も豊かにしていくと主張している。

海外情報プラットフォームのMediumで、The Internet of Blockchains Foundationの会長を務めるMatteo Gianpietro Zago氏は、WEB2.0からWEB3.0への変革を表す以下のような図を公開した。

ビデオ通話:Skype → Experty

OS:Android、iOS → Essentia.one、EOS

SNS:Facebook、Twitter → Steemit、Akasha

Lubin氏は、この既存の一般的なアプリケーションであるWEB2.0から、dAppsを中心としていくWEB3.0への変革がイーサリアムを主体となって行われていくと説いたのである。

WEB3.0のストレージ部門のStorjが発行するSTORJトークン、ビデオや音声通話のExpertyが発行するEXYトークン、メッセージのStatusNetworkトークンを始め、ほとんどのものがERC-20トークンとなっていることから、Lubin氏が語る通り、WEB3.0への移行は、イーサリアムが主体となって推し進められていると言っても過言ではないのかも知れない。

仮想通貨自体がキラーアプリ

Lubin氏以外でも以前から、仮想通貨そのものがキラーアプリであるという事は以前から言われてきた。

Mastering Bitcoinの著者であり、連続起業家でもあるAndreas M. Antonopoulos氏も、仮想通貨やブロックチェーン技術自体がキラーアプリであることを提唱している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B