国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て
 

国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て

国内仮想通貨取引所のシステム不備によるロスカットで計5500万円の損失
仮想通貨取引所「Zaif」でビットコインFXに投資した際、システムの不備により通常起こり得ないBTC価格で強制ロスカットされて多額の損失を被ったとして、顧客18人が「取引の無効化」を求めるADRを申し立てた。

国内仮想通貨取引所のシステム不備によるロスカットで計5500万円の損失

NHK NEWS WEBの報道によると、仮想通貨取引所「Zaif」でビットコインFXに投資した際、システムの不備により通常起こり得ないBTC価格で強制ロスカットされて多額の損失を被ったとして、顧客18人が「取引の無効化」を求めるADR(裁判外紛争解決手続き)を申し立てた。

今年1月から4月にかけて、突如としてログインできなくなるトラブルが複数回に渡って発生。不当に低い価格で強制決済されたことで、18人で計5500万円の損失を被ったとしている。単純計算で1人頭約300万円の被害額だ。

具体的な日時までは公開されていないが、代表的なものとしては、2018年4月26日のZaifトラブルが挙げれる。

この件では、他の取引所では97万円近くで推移するなど、仮想通貨取引所間で大きな価格乖離が生じるなど問題になったが、テックビューロ社は、ロールバックなどの対応や補填を行わない方針を示していた。

また、以前より不正出金やサーバエラーやシステム不具合に関するトラブルが頻出、報告されていた。

0円システムバグで21億BTCが出現

今年2月には、ビットコインの最大発行枚数2100万BTCを超える、存在しないはずの「21億BTC」が、Zaifの売り板に出現したことで騒動となった。

この件に関してテックビューロは、「異常値の表示に関するお詫びとご報告」として、簡単売買においてゼロ円でも売買できてしまう状態が発生し、BTC/JPYの板情報に異常な値が表示されたと謝罪と釈明を行なった。

ADRとは

502 Bad Gateway Tokenのエアドロップ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B