英臨時閣議でEU離脱をめぐる「ブレグジット合意案」承認も前途多難:仮想通貨市場にも動揺が波及する可能性

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英臨時閣議でEU離脱をめぐる「ブレグジット合意案」承認も前途多難:仮想通貨市場にも動揺が波及する可能性
 

英臨時閣議でEU離脱をめぐる「ブレグジット合意案」承認も前途多難:仮想通貨市場にも動揺が波及する可能性

ブレグジットで金融市場が混乱
英国のメイ首相が「EU離脱協定の合意案」を承認、これに伴い大臣が辞任したことに伴い、政情不安で英ポンドが急落するなど、金融市場に動揺が広がっている。最終的な離脱期日となる2019年3月29日は、仮想通貨市場にも影響を及ぼす可能性がある。
ブレグジットとは
Britain(英国)とexit(離脱)を組み合わせた造語

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イギリスのテリーザ・メイ英首相は現地時間11月14日夜、13日に英国と欧州連合(EU)が合意したブレグジット(Brexit=英国のEU離脱)に関わる「離脱協定の合意案」、ならびに政治宣言が英国の閣議で承認されたと発表した。

5時間を超える臨時閣議で、閣僚の同意を勝ち取ったメイ首相は、記者団を前にした声明で上記のように述べたが、その予想は翌朝に現実のものとなった。

また、マクベイ雇用・年金相も「閣議に提出された協定案は、国民投票の結果を尊重していない」とメイ首相に書簡を宛て、辞任。

さらに、与党である保守党内でも、党首としてのメイ首相に対する不信任投票を求める動きが広まっている。 保守党離脱強硬派のリースモグ議員は、14日の閣議終了後直ちに保守党議員への書簡を公表し、議会での否決を訴えるとともに、翌15日には、メイ首相の党首としての不信任投票を求める書簡を党に提出した。

 EUサミットでの承認後、英国政府は、合意案を英国議会下院に持ち帰り、年内にも投票により、その可否を問う。

15日午後、英ポンドは米ドルに対し1.30%下落し、1.30ドルから1.28ドル以下に低下した。 

これは、2016年10月以来最大の1日の下げ幅となっている。 対ユーロでは、ポンドは2%減の1.13ユーロに達した。

急落の様子は、下図。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B