「ビットコインの底打ち時期は?」仮想通貨独自分析インジケータが示す最新予測

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ビットコインの底打ち時期は?」仮想通貨独自分析インジケータが示す最新予測
 

「ビットコインの底打ち時期は?」仮想通貨独自分析インジケータが示す最新予測

ビットコインの弱気相場は来年半ばまで続くか|仮想通貨アナリスト
仮想通貨アナリストのWilly Woo氏は、独自の仮想通貨分析インジケータを用い、ビットコインの弱気相場はさらに続き、相場が底をつくのは、2019年第2四半期(4月・5月・6月)になりそうだという予測をツイッター上で発表している。

先週、ビットコインキャッシュフォーク問題の煽りを受けたビットコインは、9月から70万円台(6200ドル~6800ドル)を保ってきたレンジ相場を破り、-15%以上の急落を記録した。

そんな中、著名仮想通貨アナリストのWilly Woo氏は、独自の仮想通貨分析インジケータを用い、ビットコインの弱気相場はさらに続き、相場が底をつくのは、2019年第2四半期(2Q)になりそうだという予測をツイッター上で発表している。

Woo氏が用いるブロックチェーン指標に基づいた分析では、ビットコインならびに仮想通貨は、概ね「売りのシグナル」を示す弱気相場のようだ。

NVT比率は、ネットワーク値に対する仮想通貨トランザクション活動を「ドル建て」の価値で測定するもので、異なるネットワーク上でのオンチェーントランザクションの1ユニットを、市場がどのように評価するかを単純に比較する方法となっている。

つまり、これはビットコインブロックチェーン上における活動をビットコインの価格評価に取り入れる測定法であり、 株式市場における株価収益率(PER)と似たものだと考えられる。

PER
とは、「株価が割安か割高かを判断するための指標。株価収益率(Price Earnings Ratio)のこと。株価が「1株当たりの当期純利益(単に1株当たり利益、1株益ともいう)」の何倍になっているかを示す指標。」=「日本証券業協会」より

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B